新規事業にオンラインアシスタントが合う理由

新規事業にオンラインアシスタントが合う理由

新規事業にオンラインアシスタントが合う理由 640 427 source

最近では、オンラインアシスタントと契約する会社が増えつつあります。これは、業務の一部を外部の在宅スタッフに依頼するサービスのことです。依頼する業務内容は、総務・秘書・経理・営業など様々で、いずれもインターネットを介して依頼することになります。これから新規事業を立ち上げたい方や、事業拡大を目指したい方との相性が良いサービスとして注目を集めていますが、それには理由があります。オンラインアシスタントと契約するメリットとも言える部分 となります。依頼をご検討中の方に以下の点をお伝えしたいと思います。

新規事業との相性がいい理由

まず一つ目の理由として、オンラインアシスタントなら社員を雇う場合と比べて、様々な費用を削減できることが挙げられます。例えば新たに社員を雇うとなると、採用のために多くのコストを割かなければなりません。募集のための求人を出すだけでなく、資料の作成や説明会の開催、面接など多くの工程をこなす必要があり、時間と労力もかかります。新規事業立ち上げや業務拡大時は忙しく、少しの時間や費用も貴重です。そんな時、オンラインアシスタントであれば、このような採用コストがかかりませんし、導入もスムーズです。更には、繁忙期や一時的に人手が欲しい時など、特定の期間に絞って依頼することもできます。必要に合わせて人員の調整ができるため、人件費の削減につながります。

次に、オンラインアシスタントはスキルの幅が広く、安定したクオリティの労力を期待することができます。基本的に業務を請け負うのは、その道や分野に特化したスキルを持つスタッフです。英語のエキスパートが必要ならば、英語スキルを持つスタッフを依頼できますし、経理を依頼したいと思えば、経理の経験・知識が豊富なスタッフが請け負ってくれます。つまり、即戦力となる人材がすぐに導入できることと、欲しいスキルを持った人材に依頼できる点はかなり魅力的です。

また、企業によりますが、オンラインアシスタントは1社につき1名が担当する形でなく、チーム制で依頼を請け負うことが多くあります。チーム制の場合、万が一スタッフがライフスタイルの変化等で入れ替わったとしても、即座に別のスタッフを導入することが可能です。そのため、スタッフの病欠や退職に伴う作業の効率の低下や、業務の滞りを心配することがなくなり、常に安定した労力を得られることになります。 

オンラインアシスタントのブログ:新規事業にオンラインアシスタントが合う理由

無料トライアルをお試しください。

トーイングウーマンのオンラインアシスタント「source」の魅力

sourceのサービスは、オンラインだけにとどまりません。
トーイングウーマンのオンラインアシスタントのセールスポイントを具体的にご紹介します。例えば、ルーティン業務をsourceにご依頼いただいた場合、委託されるルーティン業務の内容については、利用企業様とオフラインでミーティングを行い業務内容をしっかりと把握することで、後々、発生してしまいがちな、利用企業様のスタッフへの質問や説明を求める回数を減らすことができます。また、その際に業務で特に気をつけてほしいことや行ってほしいことなどもお伝えいただくことが出来ます。また、sourceは、スタッフが担当する企業が決まっており、チームで業務を行うので引き継ぎもsourceのチーム内で行いますので、新規事業をスタートさせるときにも、即戦力となってサポートいたします。

sourceならでのサービスとして、管理進行業務までもお任せていただけます。管理業務と行っても業務内容は多彩に渡っていますが、プロジェクトをしっかりと進めていくうえでプロジェクト全体を統括する重要な業務です。経験あるsourceのスタッフは、プロジェクトの進行のために各方面に連絡をとったり、必要な書類が期日までに提出できるようにタイミングをみてスタッフへの声かけなどを行います。また、プロジェクトが納期に間に合うようにスピードのズレなど全体を把握してサポートやフォローを行いプロジェクトの進行を見守りますので、開業当初でも確実にプロジェクトを進めることができます。

トーイングウーマンのオンラインサービスのイメージは、「プチBPO」です。BPOは規模が大きなサービスになりますが、BPOよりはコンパクトで一般的なオンラインサービスよりBPOにより近いサービスをご提供していますから、プロジェクトの管理進行もご依頼に応じて行います。 イレギュラーな業務の報告・対応について事前に対応を決めておくなら、ビジネスチャンスとなる機会を逃さずお客様とのコンタクトでいます。よほどトリッキーな事が起こらない限りは、手間を取られる必要はありません。これがトーイングウーマンがご提案するオンラインアシスタントの形です。

現在、弊社「source」のサービスをご利用中のお客様に弊社をお選びいいただいた理由を伺いました。弊社サービスをご利用される前に他社のサービスを経験されたクライアント様もいらっしゃいました。過去にオンラインアシスタントの導入を経験された方は、「オンラインアシスタントをお願いしたけれど、案外手間が減らない」という感じておられましたが、「source」のサービスを利用して満足したいただいております。

sourceが経験から実感していることは、オンラインのみの対応だと、初動の業務把握と意思の疎通に時間がかかり、満足いただけるサービスに繋がらないということです。オンラインアシスタントとのやり取りは基本的に文字やzoomなどのオンラインビデオ会議システムになりますが、やはり人と人とのやり取りとなる為、最初に顔を見てコミュニケーションをとっていくことは、その先のサポートの質に繋がると感じています。そのため、トーイングウーマンでは、まずご導入時には必ず対面での打ち合わせを行っています。また状況によって、sourceのスタッフが利用企業のスタッフとして、オフラインでの会議にも参加し、業務内容や、お客様のサポートを行っています。ぜひ一度御社のご要望をお聞かせください。無料トライアルをお試しいただけます。