クラウドソーシングとオンラインアシスタント「source」の違い

クラウドソーシングとオンラインアシスタント「source」の違い

クラウドソーシングとオンラインアシスタント「source」の違い 640 427 source

クラウドソーシングもオンラインアシスタントも、在宅でインターネットを活用して業務を行うという点では同じですが、どんな違いがあるのでしょうか?
「source」のオンラインアシスタントを利用するのであれば、クラウドソーシングにはないメリットをたくさん感じることができます。具体的な違いや魅力について正しく知っておくと、満足度の高いサービスを選ぶことができるようになるでしょう。

スキルの違いと手間

オンラインアシスタントを利用するのであれば、会社のスタッフとしてしっかりと役割を果たすことができる人材を確保できます。オンラインアシスタントには社会人の経験やキャリアがある方が在籍しており、実務能力はもちろんのこと、この業務を円滑に行える人柄であるかどうかを重視して採用されている点が特徴的です。応募率も高く、厳選された人材のみを確保しています。
クラウドソーシングの場合は、インターネットを介して不特定多数の人に特定の業務を依頼するので便利で利用しやすい反面、必ずしも質の良い受注者が見つけるのは簡単ではありません。また、安定して業務を行う人材の確保をするのも容易ではありません。
福利厚生費や環境設備が必要ないという点ではどちらのサービスも同じですが、クラウドソーシングの場合、依頼する相手によって能力のバラつきが生じます。個人の能力に依存するサービスですからサービスの質の差が顕著になる部分であり、依頼者は相手のプロフィールを見たりメッセージのやり取りを行って信頼できる相手かどうか見極める必要があります。プロフィールにはスキルや経験があるように書かれていても、実際に任せてみると、思うような仕事ぶりではなかったという事態になる可能性もあります。
オンラインアシスタントの場合、採用試験を通過しなければならず、企業側による教育もしっかり行っていますから安定した質の良いスタッフを従事させることができます。

スタッフの研修や業務の引継ぎ

業務の引継ぎにも違いがあります。オンラインアシスタントの場合は、サービスを提供している会社側でスタッフの研修、マネジメントが行われるのが一般的です。ですから、依頼した内容を伝えたら毎回指導や指示を行う必要がないので、素早く業務に取りかかってもらうことができるというメリットが感じられるでしょう。サービス会社によりますがクライアント毎にチームが組まれている場合、仮にスタッフが途中で辞めてしまっても個人的に契約を結んでいるわけではないので、速やかに他のスタッフが円滑に業務を引き継ぎます。その際の引継ぎも、基本的にサービス会社がチーム間で行うので依頼した会社側が再度、指導や教育を行う必要がなく、スタッフが変更になったとしても引継ぎに関わる負担を減らすことができます。弊社のsourceは、チーム制なので安心してご利用いただけます。
クラウドソーシングの場合は、個人的に契約をしているので、その方の体調不良などが起きたときや連絡が取れなくなったときなどのトラブルは、依頼している企業側が対応をすることになり、負担になることもあるでしょう。

オンラインアシスタントのブログ|クラウドソーシングとオンラインアシスタント「source」の違い

無料トライアルをお試しください。

依頼できる「分野」の広さ

他には依頼できる「分野」に違いがあります。オンラインアシスタントは、サービス会社にもよりますがクラウドソーシングより幅広い業務に対応できる特徴があります。
クラウドソーシングで不特定多数の人に複数の仕事内容の募集をかけても、なかなか希望通りの人材が確保できないケースもありますが、例えば、オンラインアシスタントのsourceの場合は、企業における様々な業務に対応できるように人材をチームで確保しています。sourceではまずクライアントがどのような事にお困りなのか、改善したと思っておられるのかなどをしっかりとヒアリングし、業務内容をお互い確認しあった後、サービス内容のご提案していますから、必要に応じた人材を確保しつつ、いくつかのジャンルが違う作業や仕事もお任せいただけます。
間違いなく、契約がスタートしてからでも、単発、長期で業務を依頼していただくことでも、魅力をたくさん感じていただけると思います。

もっと頼れる、一歩先をいくsource

sourceが提供するオンラインアシスタントのサービスは、一歩進んでおり、オンラインアシスタントサービスというよりプチBPOに近いサービスを提供しています。
例えば、営業や社内業務をお任せいただいた場合、プロジェクト管理から納期などの期日に沿って、各方面への連絡、進行の見守りなどの状況をしっかりと把握してサポートを行うことに加え、次のご提案も行います。一般的なオンラインアシスタントサービスよりもお任せいただける範囲が広いと感じていただけると思います。
結果として、本業に使える時間が増加し、営業活動の確保や拡大、新しい顧客の開拓や、新しい分野への業務拡大に繋がります。sourceでは、サービス導入によって省ける手間がより多くなり、しっかりとメリットを感じていただけるようクライアントの業務をサポートいたします。

満足できるサービスを見つける

クラウドソーシングとオンラインアシスタントのどちらも在宅から業務を行ってもらえるという点は同じですが、今回ご紹介したように作業を行ってくれる人の能力や経験、成果物のクオリティなどが大きく違っていることがあります。
クラウドソーシングは個人契約でリーズナブルな価格で簡単に依頼できることが多いですが、その分、成果物のクオリティが低くなったりバラつきがあります。便利なサービスではありますが、よりハイレベルな作業をスピーディーに期待したいのであればsourceのようなオンラインアシスタントを積極的に利用してみてください。それぞれのメリットがありますが、違いを知らないまま導入すると、期待していたサービスではなかったと感じることになりかねません。満足できるサービスを見つけるためにも、事前にサービスの内容を知っておくことが大切です。オンラインアシスタントのsourceでは、無料トライアルをお試しいただけます。ぜひ、検討してみてください。