ブログ詳細

クラウドソーシングとオンラインアシスタント「source」の違い

公開日 : 2022.10.03

更新日 : 2022.10.03

副業が解禁になってから、よく耳にするようになったクラウドソーシングやオンラインアシスタントですが、どのような違いがあるのでしょうか?

クラウドソーシングにもオンラインアシスタントも同じようにインターネットを活用してオンラインで業務を行うという点では同じですが、それぞれの特徴があります。

それを具体的に知っておくなら、各社それぞれ社内状況は違いますから、その状況に合わせてより満足度の高いサービスを選ぶことができるようになるでしょう。

オンラインアシスタント「source」は、BPOに近いサービスも提供しています。

スキル面と依頼までのプロセスの違い

クラウドソーシングとオンラインアシスタントの違いには、スキル面と依頼までのプロセスの違いがあります。

クラウドソーシングは、業務を行いたい人が登録しているシステムから、企業側が個人に仕事をオファーします。登録のスキルはさまざまなので、企業側は相手のプロフィールを見てメッセージのやり取りを行って業務をオファーする相手が、今回依頼する内容を行うスキルがあるか、信頼できる相手かどうか、などを見極め、依頼します。

高いスキルを持った個人に仕事を依頼できる可能性があります。
しかし、仕事の内容が良かったので単発から長期で仕事を依頼したくなったり、不定期に発生する仕事を請け負ってほしくなっても、請け負ってもらえるかどうかは、契約した方との状況に依存する部分が大きくなるでしょう。

次にオンラインアシスタントの流れを見てみましょう。

業務を依頼する企業がオンラインアシスタントのサービスを提供している企業へ業務依頼を行います。
そして、依頼する業務内容を確認して、オンラインアシスタントのサービス業者のスタッフが業務を行います。

オンラインアシスタント「source」は、社会人の経験やキャリアがある方が在籍しており、実務能力はもちろんのこと、この業務を円滑に行える人柄であるかどうかを重視して採用されている点が特徴的です。
応募率も高く、厳選された人材のみを確保されているので一定のスキルが期待できます。

それぞれの流れを見てみましたが、依頼するプロセスや、スキル面に違いがあります。
どちらが良いというのではなく、それぞれの特徴になりますので、自社の求めている事柄に合わせて判断する時に参考にしていただけたらと思います。

また、サポート面の違いも少し触れてみたいと思います。
クラウドソーシングは、個人の力量による部分があるので、まれに仕事を請け負った方が体調を崩したりすると企業側の予定していたスケジュールに影響があります。

しかしオンラインアシスタントは、サービス会社によってサポート体制は異なりますが、「source」は、チームで業務に対応していますので、企業様への影響を最小にサービスを提供しています。

スタッフの研修や業務の引継ぎ

業務の引継ぎにも違いがあります。オンラインアシスタントの場合は、サービスを提供している会社側でスタッフの研修、マネジメントが行われるのが一般的です。

そのため、依頼した内容を伝えたら毎回指導や指示を行う必要がないので、素早く業務に取りかかってもらうことができるというメリットが感じられるでしょう。

サービス会社によりますがクライアント毎にチームが組まれている場合、仮にスタッフが途中で辞めてしまっても個人的に契約を結んでいるわけではないので、速やかに他のスタッフが円滑に業務を引き継ぎます。

その際の引継ぎも、基本的にサービス会社がチーム間で行うので依頼した会社側が再度、指導や教育を行う必要がなく、スタッフが変更になったとしても引継ぎに関わる負担を減らすことができます。

弊社の「source」は、チーム制なので安心してご利用いただけます。

クラウドソーシングの場合は、個人的に契約をしているので、その方の体調不良などが起きたときや連絡が取れなくなったときなどのトラブルは、依頼している企業側が対応をすることになり、負担になることもあるでしょう。

依頼できる「分野」の広さ

他には依頼できる「分野」に違いがあります。オンラインアシスタントは、サービス会社にもよりますがクラウドソーシングより幅広い業務に対応できる特徴があります。

クラウドソーシングで不特定多数の人に複数の仕事内容の募集をかけても、なかなか希望通りの人材が確保できないケースもありますが、例えば、オンラインアシスタントの「source」の場合は、企業における様々な業務に対応できるように人材をチームで確保しています。

「source」ではまずクライアントがどのような事にお困りなのか、改善したと思っておられるのかなどをしっかりとヒアリングし、業務内容をお互い確認しあった後、サービス内容のご提案しているため、必要に応じた人材を確保しつつ、いくつかのジャンルが違う作業や仕事もお任せいただけます。

もっと頼れる、一歩先をいくsource

「source」が提供するオンラインアシスタントのサービスは、一歩進んでおり、オンラインアシスタントサービスというよりプチBPOに近いサービスを提供しています。

例えば、営業や社内業務をお任せいただいた場合、プロジェクト管理から納期などの期日に沿って、各方面への連絡、進行の見守りなどの状況をしっかりと把握してサポートを行うことに加え、次のご提案も行います。
一般的なオンラインアシスタントサービスよりもお任せいただける範囲が広いと感じていただけると思います。

結果として、本業に使える時間が増加し、営業活動の確保や拡大、新しい顧客の開拓や、新しい分野への業務拡大に繋がります。「source」では、サービス導入によって省ける手間がより多くなり、しっかりとメリットを感じていただけるようクライアントの業務をサポートいたします。

満足できるサービスを見つける満足できるサービスを見つける

クラウドソーシングとオンラインアシスタントのどちらも、在宅から業務を行ってもらえるという点は同じですが、今回ご紹介したように作業を行ってくれる人の能力や経験、成果物のクオリティなどが大きく違っていることがあります。

クラウドソーシングは個人契約でリーズナブルな価格で簡単に依頼できることが多いですが、その分、成果物のクオリティにバラつきがあります。便利なサービスではありますが、よりハイレベルな作業をスピーディーに期待したいのであれば、「source」のようなオンラインアシスタントを積極的に利用してみてください。

それぞれのメリットがありますが、違いを知らないまま導入すると、期待していたサービスではなかったと感じることになりかねません。

満足できるサービスを見つけるためにも、事前にサービスの内容を知っておくことが大切です。
オンラインアシスタントの「source」では、無料トライアルをお試しいただけます。
ぜひ、検討してみてください。

無料トライアル実施中!

まずはアシスタントとの連携のスムーズさを
実感してみてください!

ご新規の法人様へ、初回に限り3時間分
無料トライアルをご用意しております。

単純業務を一旦お任せ

  • 請求書の作成

  • 営業リストの作成

  • Webサイトの更新

  • 手紙の執筆代行

  • 資料の作成・整理

ご新規の法人様へ、初回に限り3時間分
無料トライアルをご用意しております。

3時間無料トライアルフォーム

閉じる

3時間無料トライアルフォーム

プラン