オンラインアシスタントの営業・社内サポートサービスとは?

オンラインアシスタントの営業・社内サポートサービスとは?

オンラインアシスタントの営業・社内サポートサービスとは? 640 424 source

日本でも話題のオンラインアシスタントは、労働環境を改善するだけでなく社内や営業スタッフの意識改革にも役立ちます。
慢性的に人手が不足している場合や、組織の拡大などで急に人手が必要になった場合はオンラインアシスタントの利用で問題が解決します。
オンラインアシスタントの業務は、主に事務系や営業のバックオフィス全般業務を行うため、メール対応を行うすべての業界・業種での幅広い実績があります。オンラインアシスタントは、オンラインで行う作業だけをイメージされることも多いですが、トーイングウーマンが提供する「source」は、オンラインだけではなくオフラインでの対応も行っています。

オンラインアシスタントが行う社内と営業サポート

最近の国内の状況として、様々な要因によってリモートワークを行う人が増えていますが、それに伴って、現在の業務内容の中にオンラインで対応可能な業務が意外に多いことに気づいた方も多いと思います。

一般的な企業で必要になる社内サポートは幅広く、データ整備業務などデータ入力やビジネス資料の作成、手書き資料のテキスト化などがありオンラインで遂行できる業務がたくさんあります。また、社内環境を整えるため、データ整理やメール整理などもオンラインアシスタントに依頼できるでしょう。

営業サポートとしては、営業スタッフのサポート全般になりますので、営業用の資料作成や営業ミーティングなどのクライアントと社内の日程調整、営業宛のメール対応などのオンライン業務がメインとなります。社内サポートと同様にオンラインアシスタントの活用方法は数多くあります。

オンラインアシスタントが行う
社内と営業サポート

最近の国内の状況として、様々な要因によってリモートワークを行う人が増えていますが、それに伴って、現在の業務内容の中にオンラインで対応可能な業務が意外に多いことに気づいた方も多いと思います。

一般的な企業で必要になる社内サポートは幅広く、データ整備業務などデータ入力やビジネス資料の作成、手書き資料のテキスト化などがありオンラインで遂行できる業務がたくさんあります。また、社内環境を整えるため、データ整理やメール整理などもオンラインアシスタントに依頼できるでしょう。

営業サポートとしては、営業スタッフのサポート全般になりますので、営業用の資料作成や営業ミーティングなどのクライアントと社内の日程調整、営業宛のメール対応などのオンライン業務がメインとなります。社内サポートと同様にオンラインアシスタントの活用方法は数多くあります。

オンラインアシスタントのブログ:オンラインアシスタントの営業・社内サポートサービス

オフライン対応もするオンラインアシスタントのメリット

オンラインアシスタントは、オンラインと言われる通り、インターネット環境を利用したパソコン業務をメインに行いますが、やはりオンラインでなくオフラインで行った方が良い感じる業務もあります。

例えば、営業サポートには、資料作りだけではなく営業の進捗や全体を把握して、期日などの予定をしっかり管理するなど営業スタッフのサポートも含まれます。この場合、業務全体や営業スタッフをよく把握した上でサポートすることになりますが、このようなオンラインだけではなくオフラインでの対応もあると、とてもスムーズにサポートが行えます。

社内サポート業務では、定型的な業務だけではなく、社内の環境などを把握した上で、どの面を効率化することができるか、またどんな分野の社内サポートを必要しているのかを検討し、適切なアドバイスなどを行うこともできます。こうしたオフライン業務は、意思疎通を十分図ることによって、より適したサポートができるでしょう。

オフライン対応もする
オンラインアシスタントのメリット

オンラインアシスタントは、オンラインと言われる通り、インターネット環境を利用したパソコン業務をメインに行いますが、やはりオンラインでなくオフラインで行った方が良い感じる業務もあります。

例えば、営業サポートには、資料作りだけではなく営業の進捗や全体を把握して、期日などの予定をしっかり管理するなど営業スタッフのサポートも含まれます。この場合、業務全体や営業スタッフをよく把握した上でサポートすることになりますが、このようなオンラインだけではなくオフラインでの対応もあると、とてもスムーズにサポートが行えます。

社内サポート業務では、定型的な業務だけではなく、社内の環境などを把握した上で、どの面を効率化することができるか、またどんな分野の社内サポートを必要しているのかを検討し、適切なアドバイスなどを行うこともできます。こうしたオフライン業務は、意思疎通を十分図ることによって、より適したサポートができるでしょう。

オンラインもオフラインも対応します!

企業のニーズに合わせた業務内容

オンラインアシスタント業務の導入を検討している企業にとって、自社のニーズに合うオンラインアシスタントサービスを数ある中から探すのは簡単なことではありません。選ぶ際には、自社が求めるニーズを明確にする必要があります。

一般的にオンライン秘書などを行うオンラインアシスタントは厳しい審査基準を経て採用されていますが、同じオンラインアシスタントを提供していても特徴は異なりますのでスタッフの特徴も変わってきます。企業のニーズに合ったサービスを提供しているところを選ぶようにすると、依頼したあとのオンラインアシスタントに期待するサービスと実際のサービスとのギャップが少なくなります。

秘書や経理、総務などの事務業務の他に、マーケティングに対応できる会社もあれば、営業や社内サポートを得意とするところもあります。また、高度な知識を必要とする業務よりも幅広く業務を行うことが得意なオンラインサポートもあります。

例えば、営業のサポート依頼するなら、営業のメール対応業務や営業資料の送付、顧客への案内メールなどを含むメール対応をメインに依頼するのか、営業のリサーチ業務やクライアントに関する記事リサーチや情報の抽出、商品リサーチなどリサーチ業務から会議のための資料づくりも依頼するかによっても、オンラインアシスタントサービスを利用する側が求めるレベルは変わってきます。

トーイングウーマンが選ばれる理由

先述したようにオンラインのアシスタントが担当できる業務は幅広くありますが、依頼する企業によって、それぞれ依頼内容は変わってきます。

トーイングウーマンが提供するオンラインアシスタント「source」のスタッフは、高い実務能力を持ち、専門性があるアシスタントが担当チームとして対応しています。
専門性があるアシスタントですので、オンラインだけでは不安を感じる企業様にもご利用されています。
また、担当チームとして対応しているので、業務内容やクライアント情報などを何度も伝えることがないので円滑に業務が行えます。オンラインだけはなく必要であればオフラインでの対応もしています。

オンラインアシスタント「source」を試して、痒いところに手が届くオンラインサービスを経験してみてください。