BPOの展望とプチBPO「source」のサービス

BPOの展望とプチBPO「source」のサービス

BPOの展望とプチBPO「source」のサービス 640 427 source

BPO(ビジネスプロセスアウトソーシング)は、企業が抱える様々な経営課題を解決するために役立つサービスです。具体的には、働き方改革の推進、人材不足や採用難の克服、さらに業務プロセスを抜本的に改革し、生産性を向上させることも可能です。そのため、このサービスはいま注目度が高まっており、導入する企業も増加傾向にあり、今後も市場拡大が見込まれています。
しかし、BPOのサービスは枠組みが大きいため依頼したくても難しいと感じている企業もあります。今後のBPOの展望とBPO程大きな枠組みではなく、手頃に利用できるサービスであるプチBPOをご紹介します。

BPOの展望

国内BPO市場予測で、今後も市場規模は大きくなることが予測されているのは、BPOの特徴である複数の分野の仕事を依頼することができるからです。BPOで主に依頼されている分野は、人事とカスタマーケア、財務・経理と調達・購買の4種類に大きく分けることができます。

この4業種の中でも、人事の分野で市場成長率が高くなっており、今後もこの業種を活用する企業が増える可能性が高いと言えます。人事に関してBPOのサービスを求める企業が増加している理由は、昨今の人材不足の状況下でいかに時間とお金をかけずに最適な人材を確保するか、ということが重要視されているからです。入社後にミスマッチを理由として退職してしまうケースも多くあり、時間をかけて採用を行っても離職が発生すると労働力が失われます。そこで、BPOで人事サービスを利用すれば、人材採用のプロフェッショナルに採用活動を行ってもらうことができるため、それまでよりも業務の負担が軽くなるだけではなく、優秀な人材を確保して離職率を低くすることもできます。

カスタマーケアのBPOでは、労働人口減少の影響によってオペレーターの確保が難しいとの側面から需要がアップしています。しかし、チャットやソーシャルネットワークなどのマルチチャネル対応の増加に伴って、カスタマーケアのサービス内容は従来の電話による対応だけではなく、多様性が求められています。

財務・経理においては、業務改善を含めた業務プロセスの委託で需要が高まっています。クラウドサービスの導入が増加し、簡単な銀行記帳の代行などを依頼する企業は減少していますが、効率的に業務を行うために抜本的な改革を行う目的で利用する企業が増加しています。

調達・購買の分野では、企業のグローバル化が進むにつれて、部品の共通化や集中購買、材料費の削減に取り組む必要が増えています。そのため、企業内の調達や購買業務の最適化を図ることでより効率化を勧めるために、調達・購買の分野でBOPを利用している企業も少なくありません。

BOPのサービスはまだまだ成長する分野であることが分かります。

オンラインアシスタントのブログ|BPOの展望とプチBPO「source」のサービス

無料トライアルをお試しください。

プチBPO「source」のサービス

BPO業界全体を見てみると、労働力不足や労働法改正、働き方改革などの影響を受けて今後も市場が成長していくことが予測できます。BPOは、大きな枠組みのため、効率化や事業拡大へのステップにつながります。
今後も注目度の高いBPO業界で、社内の様々な業務を外部に委託することができるため、多くの企業から注目されています。依頼が多い事業分野については、大まかにIT分野と非IT分野に分けることができます。前者は社内システムの運用や企業のクラウドサーバー運用、ヘルプデスクなどが当てはまり、後者は経理や総務、人事や事務、コールセンターなどがあります。
BPOのサービスを利用する程でもない場合は、もっと手軽に導入する方法として、業務内容を切り分けてオンラインアシスタントを利用するケースも増えています。業務内容を細分化して考えてみると、人事の案内やメール対応などオンラインで対応が可能なケースもあります。もちろん、オンラインだけでは業務が出来ないケースもあります。オンラインアシスタントは従来オフラインでの対応を行いませんでしたが、「source」のサービスは、オンラインアシスタントをよりBPOに近づけたプチBPOで、オフラインでの対応もいたします。「source」のサービス内容は、コチラからご確認ください。

プチBPOを利用して、慢性化している人手不足や労働環境などの問題解決に役立ててみるのはいかかでしょうか。プチBPOの「source」では、オンラインでもオフラインでもしっかりお話を伺って、業務改善や効率化のサポートを行っています。無料体験のご連絡をお待ちしております。