コストを抑えるためにノンコア業務を振分ける

コストを抑えるためにノンコア業務を振分ける

コストを抑えるためにノンコア業務を振分ける 640 453 source

コロナ禍などの社会情勢の影響を受け、多くの企業が経営的にダメージを受けており、企業における「コスト削減」が今まで以上に重要視されています。これは、企業にとって課題です。コストをゼロにできませんが、コストをできるだけ削減しようと、多くの企業は日々、取り組んでおられると思います。
近年、コストを抑えるために、アウトソーシングのBPOが注目を集めるようになっています。今回は、企業コスト削減の1つの方法として、BPOより手軽にスタートできるプチBPOについてご紹介します。

業務振り分けと外部委託

オンラインアシスタントのsourceは、BPOより手軽でオンラインアシスタントより一歩進んでいるプチBPOのサービスを提供しています。そもそも、なぜ、BPOやプチBPO、オンラインアシスタントが企業コスト削減につながるのでしょうか。

BPO、プチBPO、オンラインアシスタントに共通しているのは、企業内でこれまで行っていた業務の一部を委託することです。外部委託をすると、コストがかかります。しかし、外部委託することでコスト削減につながるのはなぜでしょうか。委託するために企業側はコア業務とノンコア業務を振り分けますが、このコア業務とノンコア業務を振分けることこそが、コストを抑えて、削減につながります。つまり、小さなコスト削減で利益を増加させることにつながるからです。

業務を振り分けるためには、業務のどこにコストがかかっているのかを把握することになります。その上でコア業務をより明確にして、その業務を中心として業務全体がスムーズの行われるように内政を整えるようにします。ノンコア業務を業務委託つまりアウトソーシングするなら、システム化されて業務全体の効率化を進めることができます。外部委託を利用するにはコストがかかるものの、トータルコストで考えるならコストを抑えつつ、利益を増加させる流れを作ることができるのです。
コア業務とノンコア業務を振分ける、これはあらゆるシーンにおいて大切なことだと考えられます。

無料トライアルをお試しください。

BPOとプチBPOとオンラインアシスタント

外部委託には、大きく分けてBPO、プチBPO、オンラインアシスタントなどがあります。同じ外部委託のサービスですが、それぞれ特徴があり、サービス内容が違います。それぞれの特徴を知るなら、現在の自社に必要で適したサービスを提供している外部委託業者の選定に悩まされずにすむかもしれません。最適なサービスを利用して企業のコスト削減につなげることができるでしょう。

これまでに掲載しているブログに、オンラインアシスタントやBPOなどの特徴をご紹介してきました。詳しく説明されているブログを参考にしていただけたらと思いますが、簡単に説明します

BPOとは

BPO(ビジネスプロセスアウトソーシング)は、欧米企業を中心に積極的に活用されており、企業業務のプロセスの一部を外部企業に委託する経営戦略のことで、国内市場は、今後も大きくなることが予測されています。例えば、問合せ関係の業務をコールセンターに委託するというイメージです。詳しくは、こちらをご覧ください。

オンラインアシスタントとは

オンラインアシスタントは、企業業務の中でとりわけコア業務と言われるバックオフィス業務を代わりに処理してくれる外部委託(アウトソーシングサービス)のサービスです。
主にオンライン上でのやり取りになります。企業もしくは、個人がオンラインアシスタントのサービスを提供しています。詳しくは、こちらをご覧ください。

sourceのプチBPO

プチBPOは、ニーズに合わせてバックオフィスの業務効率化に貢献するサービスです。 オンライン、オフラインの両方に対応しています。プチBPOと言うように、BPOほど大規模ではないので気軽に依頼していただけます。また、オンラインアシスタントのようにオンラインのみに対応ではなく、オフライン業務にも対応していますので、依頼できる分野が幅広くなります。

それぞれの特徴を把握して、自社に適したサービスを利用してコストを抑えるのを検討してみるのは、いかがでしょうか。

オンラインアシスタントより一歩進んだプチBPOのサービスと提供しているsourceの特徴をもう少し詳しくご紹介します。sourceは、即戦力となる優秀なスタッフを抱えるサービスで、ニーズに合わせてオフラインでもバックオフィスの業務効の率化に貢献するサービスを提供しています。お客様に痒いところに手が届く!と感じていただけるように魅力的で柔軟性の高いサービスを目指しています。

また、気になる月額料金ですが、リーズナブルで予算が限られていても利用可能な¥65,000~となっています。実際にサービスを体験できる、無料トライアルもご用意しています。

sourceのポイント

・即戦力となる優秀なスタッフ
・痒いところに手が届くサービス
・オンライン、オフラインでのサービスに対応
・リーズナブルな料金
・無料トライアル

コスト削減につながるノンコア業務の振分けを済ませたらトライアルを一度、お試しください。初回限定でトライアルは、3時間までという制限はあるものの、プチBPOのsourceが提供しているサービスがどのようなものか、実感していただけると思います。
実際に、具体的にどんなところまでサービスが受けられるのか、お気軽にお問合せください。コストを抑えつつ、より企業の利益をアップさせるのにご活用いただきたいと思っています。