オンラインアシスタント「source」が選ばれる理由

オンラインアシスタント「source」が選ばれる理由

オンラインアシスタント「source」が選ばれる理由 640 426 source

最近は、様々な理由により在宅で業務対応するオンラインアシスタントの需要が高まっています。国内には、オンラインアシスタントのサービスをご提供している企業は、多数あります。それぞれ、特徴がありますが、当社がご提供しているオンラインアシスタントの「source」の特徴について、ご紹介します。

多彩な業務をアウトソーシングできる

オンラインアシスタントの「source」をお選びいただく理由の一つは、多彩な業務をアウトソーシングできる点です。クライアントのニーズに応じて様々な業務に対応できる人材が在籍しており、最適なプランを実現していきます。任せられる業務の範囲を具体的に、クライアントとしっかりと話合うところから始まります。対応可能な業務は多彩で、営業や社内サポートの他に経理や秘書業務もお任せください。クリエイティブな部門や外国語を使う場面にも、対応いたします。
必要に応じてオンラインだけではなく、オフラインでのミーティングにクライアントのスタッフとして同席して、業務内容を把握してクライアントと足並みを揃えてサポートしています。

また、業務全体の管理進行やプチBPOのように業務サポートを行います。業務に携わっているスタッフは、社会人歴のあるスタッフですのでご安心してご利用していただいております。新入社員を一から鍛えあげるには、労力がかかりますが、「source」のスタッフであれば、即戦力として業務サポートを任せることができます。早い段階から業務を割り当てたい時には、sourceのサービスをご検討してみてください。

オンラインアシスタントのブログ|オンラインアシスタント「source」が選ばれる理由

社内環境の安定化をお手頃価格で実現できる

オンラインアシスタントを活用することで、社内環境をより向上させるメリットがあります。例えば、社員が離職した場合、新入社員探しや業務の引き続きを短期間に行う必要があり大変です。アシスタントを用いることで社員が離職し次の社員が入るまでの業務を安定化させることが可能です。次の社員をしっかり見定めて雇うことができますので、社内環境も安定します。また、sourceのスタッフが担当する業務内は、sourceスタッフ同士で引き継ぎますので、人材の入れ替えでクライアントの人事部が悩んだりする問題も回避できます。もちろん、クライアントの社員への仕事内容の引継ぎもしっかり行います。

社員を新しく雇う場合に比べてオンラインアシスタントを利用する時のことを考えてみてください。社会福祉費や設備費用、退職金などの費用が発生しませんので、社内のリソースを最適化するのに役立つ他、経理部門の負担を減らしたい時にもご検討いただいております。特に昨今のように感染症が流行した場合など、固定費を減らして変動費にウェイトをおきたいと考える方も多数おられ、フレキシブルに対応ができるオンラインアシスタントの比率を増やすことで、社内環境を安定化しつつ固定費に足を引っ張られるリスクを低減させる方法としてご活用いただいているケースもございます。sourceは、ご依頼業務の多寡に応じて柔軟に対応しています。

sourceのオンラインアシスタントには、Basic(20時間)、Full time(160時間)と2パターンあり、毎月65,000円からとご利用していただけやすくなっています。また、弊社がご提案する定型業務の場合、petit(1.5時間対応)というプランもございます。詳しくは、コチラをご覧ください。

キャリアのある人材がオンライン、オフラインでのサポート業務を行うsourceのサービスをお手頃価格でご利用いただけるので魅力的に感じていただいております。

無料トライアルをお試しください。

作業の効率化ができる

sourceへ業務をご依頼するために、現在行っている作業を細分化して分担することになりますので社員の作業効率に役立つメリットがあります。
例えばIT関係のエンジニアが報告やレポート提出などの業務も行っている場合、どうしても集中できずに能率が上がらないことがあります。そこで関連業務に詳しいsourceのアシスタントを使うことで、本来の業務に専念させるという活用方法があります。また、テキパキと短時間で終わるようにサポートしますので長時間労働を抑制できる場合もあります。マルチポストな活躍も大切ですが、特に専門職は集中して業務にあたる方が効率的な場合がありますので、一度ご検討してみてください。

また、限られた時間だけ活用できるのもポイントです。業務量が社員程ないけれど、アルバイトやパートが行うには難しいプチBPO的なバック業務があるという場合にも、短時間だけ依頼することができるので、メリットを感じていただくことができます。
社員が休むと、休んだ分だけ仕事が溜まっているので休みの取得を難しくしている面がありますが、sourceのアシスタントを使えば、業務をストップさせることなく社員を休ませることができます。ある程度のマンパワー調整ができますので、社員を一人増やすとやり過ぎなときには、オンラインアシスタントを考えてみてください。

他にもある種の業務に適した人材が社内にいない時に、アウトソーシングする際にもご活用いただいております。例えば社員全員が営業をしていて、事務作業が得意なスタッフがいない時です。この場合では事務スタッフを雇用して育成するのは一苦労ですが、その業務をsourceに丸投げしていただけます。加えて、成績に結びつかなかったり、業務にあまり関係がないようなタスクは積極的に作業したがらない傾向にありますが、そこにsourceのアシスタントを使うことできちんと管理進行サポートします。

最後にお試し期間をご用意していますので、実際の感覚が掴んでいただけます。ご満足していただいた方に本契約していただいております。新しいサービスの導入は良くわからないので、二の足を踏んでしまっている、という方は、ぜひお気軽に試してみてください。