オンラインアシスタントの業務内容を徹底分析
<経理事務サポート編>

オンラインアシスタントの業務内容を徹底分析
<経理事務サポート編>

オンラインアシスタントの業務内容を徹底分析
<経理事務サポート編>
640 427 source

経理は会社を支える

税務調査が入った時、会社の資金情報を確認する時、銀行に融資を申し込む時、会社を安定させる、別のことにチャレンジする…これら全てに必要な業務、それは経理です。毎日の経理の計算が必要不可欠です。残念ながら、経理は細かい…と煙たがられたり、営業の敵と言われたりすることがあります。でもその裏には、黙々とデスクに向い、計算をしっかりして、内部事情をしっかり守るというバックオフィスのプロとしての努力が必要な仕事でもあります。詳しく仕事内容を考えていきましょう。

経理事務はどんな仕事か

「経理事務の仕事」と聞くと、どんなイメージを持たれるでしょうか。ちまちまお金の計算をしている、単純な作業の繰り返し、と思っていませんか?確かに、経理・事務のお仕事は細かい計算がつきものですが、会社に必要不可欠な仕事です。働く職場によって、するべき事が少しずつ異なるかもしれませんが、一般的な業務内容をご紹介しますと…
その日のお金の流れ、残高はどうなっているか、伝票の発行・整理、システムへの入力など、その日1日のことだけでなく、1ヶ月の売り上げや利益の確認をする月次業務、決算や年末調整も含まれる年次業務と、1年を通じて幅広く活躍する仕事です。
一般的に3月~5月、7月、12月と1月が経理事務の繁忙期と言われています。

経理の役割と今ある問題

「経営管理」の略称である「経理」は、会社のトップが物事を決める時に、経理の情報は重要なポイントとなります。各部門が経理に提出する情報をキチンとまとめ、会社の新しいチャレンジや今ある状況の改善などを決定する立場にある人のサポートとなる役割を担っていると言えるでしょう。
残念ながら、お金の計算が正解でなければいけないというプレッシャーや、別の分野でスキルアップしたい、決算期の残業に耐えられない…といった理由で離職する人も少なくないようです。

無料トライアルをお試しください。

プチBPOのオンラインアシスタントをオススメする理由

先ほども少し触れましたが、経理事務には繁忙期があります。その時期にスタッフが辞めてしまうと、混乱を極めるわけですが、そうなる前にオンラインアシスタントを活用してみませんか?即戦力として活動できる人材を派遣してくれるので、新入社員のように1からレクチャーする必要がありません。サポート体制が整っているので、人員不足にならないこともオススメ理由の1つです。
オンラインアシスタントサービスを提供している「source」では、経理のサポートを行っています。プチBPOのような側面があるので、必要に応じて任せたい経理や事務の業務だけ任せることができる便利なサービスです。請求書/見積書の発行、会計関連情報入力、領収書の整理などの分野で活躍するスタッフを派遣します。最近ではクラウドサービスの会計ソフトなどを導入している企業も増えていますが、ソフトがあっても入力は自分で行わなければならないことが多く、たくさんの時間が必要となります。会計ソフトの使い方を教えなければならない、という煩わしさがありますが、すでに使いこなしているスタッフであれば、この悩みから解放されます。多くの時間を消費してしまいがちな入力作業を任せることができるため、経理部門のスタッフの負担を減らし、自社に少ない人数しか経理担当者を確保できない場合でも安心だと言えるでしょう。
実際に「source」を利用されたお客様から、オンラインアシスタントは「組織の隙間にピタッとはめられるよう」な仕事をしてくれている、というお声を頂戴しました。

利用するかどうか検討している企業さまは、具体的なサービス内容が分からない点が不安だとお感じになるかもしれません。「source」では3時間分の無料トライアルをご用意していますので、実際に利用するとどうなるのかを体験できます。

また、「source」ではオンラインだけでなく、ご希望であればオフラインの対応も可能です。「このスマホのアプリはオンラインだけでなくオフラインも対応できますよ」と言われたら、それはいいな~と思われませんか?「source」もオンラインだけではなく、オフラインで実際に会って、業務内容の確認を行うこともできます。どんなにオンラインでの働き方が普及しても、やはりオフラインでのコミュニケーションが大事、情報交換やちょっとした内容からヒントがあったりするのではないでしょうか。「source」は固定観念にとらわれず、柔軟に対応します。ご希望であれば、経理事務のサポートで任せたい業務について伺って、その考えにあう人材を派遣するよう努めています。
一度無料トライアルから始めてみるのは、いかがでしょうか。