オンラインアシスタントでどんな業務を依頼する?

オンラインアシスタントでどんな業務を依頼する?

オンラインアシスタントでどんな業務を依頼する? 640 426 source

需要が高まっているオンラインアシスタントですが、依頼できる業務といえば、経理と人事から雑務に至るまで、いわゆるバックオフィス業務全般が当てはまります。
企業の顔や花形ともいえる営業やマーケティング部門に対し、これらを支援する事務や管理業務全般、法務と財務や総務はいずれもバックオフィスに分類されます。顧客と直接コンタクトをとる機会はまずなく、あまり表に出てこないので地味なイメージがありますが、フロントオフィスを支え企業運営に欠かすことのできない重要な存在です。会社の縁の下の力持ち、あるいは黒子的な役割を担っており、目立たない存在だとしても重要性について違う余地はないでしょう。

オンラインアシスタントの役割

実際に業務を依頼する上で、オンラインアシスタントの役割について知っておくなら、どんな業務を依頼できるのかイメージしやすく、やり取りがスムーズに行えます。

オンラインアシスタントは、会社のバックオフィス業務を代行で引き受けるサービスのことで、企業の負担軽減に役立つ仕組みとなっています。つまり、オンラインアシスタントへ業務を委託することになります。

外部に業務を委託するメリットとしては、人材の確保が難しい状況でも業務を任せられたり、人材が見つかるまでのつなぎにも活用できる点が挙げられます。
また人件費の節約を考慮しているときや、一時的に増えた業務の負担を軽減したい場合にも役立ちます。人材を直接雇用するとなると、人件費の発生と負担を免れることはできませんし、規模が増えて人数が増えればその分負担が大きくなります。特に、現在の社会情勢や経済が不安定な状況においては、先行きの不透明感から人員整理に踏み切るケースも少なくありません。しかし一度人員を減らしてしまうと、他のスタッフへの負担が増えてしまったり、再び人材を増やそうとしてもすぐに見つからないケースもあります。さらに、育児や介護といった一時的な離職が発生しやすい時代ですから、欠けた人員を補う方法については、常に念頭に置いて考えておく必要があるでしょう。

そんな時に頼りになるのがオンラインアシスタントです。依頼して実際に業務を初めてもらうまでに要する工数の少なさとコスト削減、人件費の調整は、企業にとってメリットが多く魅力的です。

オンラインアシスタントのサービスを提供している弊社のスタッフは、会社で経理や財務などの実際の現場で業務をしていましたが、育児や介護といった一時的な理由で離職せざるをえなかった方々もおられます。彼らの経験や知識は即戦力となり弊社サービスをご利用くださるクライアント様へ、自信をもってご提供しています。

無料トライアルをお試しください。

オンラインアシスタントの利用の事例

近年はリモートワーク化が進み、自宅に居ながら仕事をしたり、オフィスに常に人員が在席しないという企業も増えつつあります。オンラインアシスタント活用の事例の中には、残業続きだったバックオフィス部門の人員が定時で帰れるようになったり、浮いた時間を使って新事業に取り組むなどの事例があります。

工数のカットに成功してコスト削減を実現したり、ほとんどノウハウのない専門的な業務の悩みが解消したという事例も珍しくありません。起業時にバックオフィスのことまで手が回らなかったり、後回しにして後々困るケースもあります。ところが、専門性があって即戦力になるオンラインアシスタントを使えば、このような悩みはスピーディーに解決します。

各部門の人員を揃えるとなると、コストと時間を掛けて人材育成に取り組むか、経験豊富な人材を探して採用することが必要になります。長い目で見れば人材育成をするのも悪くないですが、フロントオフィスを除く全部門となれば大変です。転職希望者の中途採用は人材育成の手間を省けるものの、肝心の母数が少なく採用のチャンスが限られるのがネックです。リモートワーク時代は特に人材の確保が難しいので、これから育成や中途採用を始める企業は困難に直面するでしょう。

新しいリモートワークの時代に合っていて、こういった悩みや問題を一挙に解決するオンラインアシスタントは、今後更に活躍の場を広げていくはずです。社員のように頼ることができて業務が任せられたり、スタートアップでつまずかずに起業できたという事例が沢山あります。
完全リモートワーク採用の企業の事例では、バックオフィス業務をほぼ丸投げできることから、リアルオフィスと変わらないビジネスに取り組めると結論づけられています。やり取りはオンラインで完結しますし、シームレスかつ円滑にコミュニケーションを図り業務を進められますから、リモートワークで快適性を実感しておられます。常時、自社社員のように業務を割り振ることもできますし、普段は社内で業務に取り組み、手が回らない時にだけ分担を依頼することも可能です。

オンラインアシスタントのブログ:オンラインアシスタントでどんな業務を依頼する?

オンラインアシスタントの利用と今後

リモートワーク主体の企業だと、オフィスがなくて身近に人員がいないことを不安に思いがちですが、いつでも頼れるアシスタントがいれば安心です。一時的な人員の補充ならアルバイトという手もありますが、能力のばらつきが大きく、即戦力になる保証がないのはデメリットです。その点、アシスタントは業務に関する知識と経験を持っているので即戦力になりますし、信頼できて頼りになります。

従業員数の多い中規模以上の企業であれば、他の部門の人が一時的に不足を補うこともできますが、10名前後の小規模だと普段の業務で手一杯です。過去の事例で多数見られるのは、人員がギリギリで突発的な変化の対応が難しく、人手が足りなくなる状況で安心感が得られたというケースです。雑務などに振り回されず余裕が生まれるので、目の前の業務に集中できるようになり、成果が出て経営が安定します。活用してみるのはいかがでしょうか。