ブログ

sourceのオンラインサービスは、一歩先を行く

sourceのオンラインサービスは、一歩先を行く 640 427 source

sourceのオンラインサービスとは

sourceのオンラインサービスは、即戦力となるとても役立つオンラインアシスタントのサービスを提供していることで知られています。

バックオフィスの効率化に有効なこのサービスは、月額65,000円からとリーズナブルな料金で利用できるのが特徴です。手頃な短時間のプランと企業向けのフルタイムプランもあり、ご希望に合わせて無理なく選択していただけます。

また、イメージを実感できる無料トライアルが行えるのも特徴です。無料トライアルは法人の初回利用限定ながらも3時間と十分な時間を確保していますので、しっかりご確認していただいた上で本格的なご利用を検討していただけます。

sourceの優秀なスタッフ

sourceのオンラインアシスタントは、社会人であるキャリア女性がリモートであなたの会社の一員として働くサービスです。

採用は実務能力だけでなく、アシスタントとしての対応力や人柄も重視して行っており、採用倍率が高い中から選ばれた精鋭ですから、信頼できて頼りになる人材が揃っています。

sourceのスタッフは実務経験があるので会社全体の流れを把握し、バックオフィスの業務のサポートを行い、ご依頼の企業様がよりコア業務に専念できるようにサポートしています。

sourceを選ぶメリットとは

数あるオンラインアシスタントサービスからsourceを選び活用していただくメリットには、オフラインでの対応や人材確保、組織づくりの悩み解消に取り組めるという利点があります。

会社の組織づくりの悩みは、オンラインで対応しきれないこともありますが、sourceでは、オフラインでもしっかりと企業様とお話をさせていただき、実行に移すので問題点だけでなく全体の改善につなげていただくことも可能です。

例えば、従業員に残業代の支払いや長時間労働をさせる代わりに、残業代のコストを抑えつつ長時間労働を減らせた事例があります。また、sourceのコンセプトはプチBPOですから、顧客に対する定期的な報告業務をアウトソーシングで対応するなど、プチBPO的な活用事例も少なくありません。

営業や社内業務をオンラインアシスタントにお任せいただけると、プロジェクト管理から納期などの期日に沿って、各方面への連絡、進行を見守り、しっかりと状況を把握してサポートや次の提案をいたします。結果的に本業に使える時間が増加し営業活動の時間が延びたり、新しい顧客の開拓や、新しい分野への業務拡大に繋がります。

経理や人事、RPAにおいてもsourceのオンラインサービスは幅広く活用されています。経理では請求書/見積書の発行、会計関連情報入力、領収書の整理等をサポートします。人事においては、応募メールの問い合わせ対応、応募者リストの作成、面接の日程調整、人材媒体管理、採用関連の架電など、 手間のかかるところに幅広いサポートを行います。RPAサポートでは、稼働状況のチェックやエラー対応、RPAが可能かどうかの振り分けなどを的確かつスピーディーに完了させます。

sourceは各企業が求める業務の不足部分をしっかりとヒアリングいたしますので、不足にフィットさせられるプチBPOを実現し、「痒いところに手が届く!」サービスをご提供しています。

sourceを使いこなす!

継続的なご利用はもちろんのこと、業種を問わず必要な時に必要なだけのサポートもお任せください。秘書やクリエイティブな業務、不動産会社の業務や雑用全般も行います。

英文や多言語にもしっかり対応し、請求書の作成やプレゼン資料のビジュアル調整、Web検索を使った調べ物も手早く行います。
クリエイティブサポートでは、イラストや画像のちょっとした修正、動画の切り貼りやテロップ入れ、Webサイトの簡単な修正などもお任せいただけます。

オンライン、オフラインでミーティングをしっかり行うことで企業様のご希望に添えるようにサービスを提供しています。従来のオンラインサービスに留まることなく、一歩先を行くオンラインアシスタントのsourceへ一度、お問い合わせください。

無料トライアルをお試しください。

初めてのご利用でも心配無用です

必要に応じてアウトソーシングすることは合理的なため、以前に比べ、最近はオンラインアシスタントやプチBPOを活用する企業は増加傾向にあり、柔軟な企業組織を実現する意味でも前向きな活用がなされています。しかし、初めての利用だと難しく感じたり抵抗感を覚えがちですが、sourceでは、質問を受付しています。また、無料トライアルで実際に試して確認が行えますから、納得して利用していただけます。初めてでもご利用しやすい体制を整えています。

sourceのオンラインアシスタント業務は、リモートで従事するので、リモートワーク時代に適しているといえます。また、プチBPOといえどもアウトソーシングも行っていますので、オフラインでの打ち合わせに同席も致します。各企業様ごとに担当者が振り分けられていますので、企業様の考えや会社の文化を知り、従業員の方と同じ気持ちで業務を行います。

sourceのオンラインアシスタントは業務の効率化に加えて、従業員の意識改革にも貢献しています。以前オンラインアシスタントをご利用経験のある方でも、痒いところに手が届くオンラインアシスタントのsourceを経験してみませんか。

始めるのは今!

sourceは専門分野に強いスタッフ揃いで、ノンコア業務全般をプチBPOでサポートします。何かと頼りになる心強いサービスをご提供しています。
社内の雑務と言っても具体的に分からないこともありますが、書類の整理や作成といった地味な業務は、量が増えると本業に支障をきたしてしまい、利益に繋がる業務のチャンスを損ねることになりがちです。sourceのオンラインサービスを活用することで、ノンコア業務の負担から解放されて本業に注力できるようになります。
コア業務以外ならほぼお任せいただけますので、足りていないところにピースがはまる感覚を体験してみてください。他にも、社内雇用時の福利厚生費が省けたり、環境設備費の出費や能力のばらつきの心配、閑散期に仕事がなく人材が遊んでしまうリスクを減らせます。退職再雇用の引き継ぎや病気による欠勤、そして突然の退職といった問題もなく軽減できます。

サービスの利用方法は簡単で、メールフォームや電話でご相談いただき、無料トライアルのスタートです。

オンラインアシスタントのブログ:新規事業にオンラインアシスタントが合う理由

新規事業にオンラインアシスタントが合う理由

新規事業にオンラインアシスタントが合う理由 640 427 source

最近では、オンラインアシスタントと契約する会社が増えつつあります。これは、業務の一部を外部の在宅スタッフに依頼するサービスのことです。依頼する業務内容は、総務・秘書・経理・営業など様々で、いずれもインターネットを介して依頼することになります。これから新規事業を立ち上げたい方や、事業拡大を目指したい方との相性が良いサービスとして注目を集めていますが、それには理由があります。オンラインアシスタントと契約するメリットとも言える部分 となります。依頼をご検討中の方に以下の点をお伝えしたいと思います。

新規事業との相性がいい理由

まず一つ目の理由として、オンラインアシスタントなら社員を雇う場合と比べて、様々な費用を削減できることが挙げられます。例えば新たに社員を雇うとなると、採用のために多くのコストを割かなければなりません。募集のための求人を出すだけでなく、資料の作成や説明会の開催、面接など多くの工程をこなす必要があり、時間と労力もかかります。新規事業立ち上げや業務拡大時は忙しく、少しの時間や費用も貴重です。そんな時、オンラインアシスタントであれば、このような採用コストがかかりませんし、導入もスムーズです。更には、繁忙期や一時的に人手が欲しい時など、特定の期間に絞って依頼することもできます。必要に合わせて人員の調整ができるため、人件費の削減につながります。

次に、オンラインアシスタントはスキルの幅が広く、安定したクオリティの労力を期待することができます。基本的に業務を請け負うのは、その道や分野に特化したスキルを持つスタッフです。英語のエキスパートが必要ならば、英語スキルを持つスタッフを依頼できますし、経理を依頼したいと思えば、経理の経験・知識が豊富なスタッフが請け負ってくれます。つまり、即戦力となる人材がすぐに導入できることと、欲しいスキルを持った人材に依頼できる点はかなり魅力的です。

また、企業によりますが、オンラインアシスタントは1社につき1名が担当する形でなく、チーム制で依頼を請け負うことが多くあります。チーム制の場合、万が一スタッフがライフスタイルの変化等で入れ替わったとしても、即座に別のスタッフを導入することが可能です。そのため、スタッフの病欠や退職に伴う作業の効率の低下や、業務の滞りを心配することがなくなり、常に安定した労力を得られることになります。 

オンラインアシスタントのブログ:新規事業にオンラインアシスタントが合う理由

無料トライアルをお試しください。

トーイングウーマンのオンラインアシスタント「source」の魅力

sourceのサービスは、オンラインだけにとどまりません。
トーイングウーマンのオンラインアシスタントのセールスポイントを具体的にご紹介します。例えば、ルーティン業務をsourceにご依頼いただいた場合、委託されるルーティン業務の内容については、利用企業様とオフラインでミーティングを行い業務内容をしっかりと把握することで、後々、発生してしまいがちな、利用企業様のスタッフへの質問や説明を求める回数を減らすことができます。また、その際に業務で特に気をつけてほしいことや行ってほしいことなどもお伝えいただくことが出来ます。また、sourceは、スタッフが担当する企業が決まっており、チームで業務を行うので引き継ぎもsourceのチーム内で行いますので、新規事業をスタートさせるときにも、即戦力となってサポートいたします。

sourceならでのサービスとして、管理進行業務までもお任せていただけます。管理業務と行っても業務内容は多彩に渡っていますが、プロジェクトをしっかりと進めていくうえでプロジェクト全体を統括する重要な業務です。経験あるsourceのスタッフは、プロジェクトの進行のために各方面に連絡をとったり、必要な書類が期日までに提出できるようにタイミングをみてスタッフへの声かけなどを行います。また、プロジェクトが納期に間に合うようにスピードのズレなど全体を把握してサポートやフォローを行いプロジェクトの進行を見守りますので、開業当初でも確実にプロジェクトを進めることができます。

トーイングウーマンのオンラインサービスのイメージは、「プチBPO」です。BPOは規模が大きなサービスになりますが、BPOよりはコンパクトで一般的なオンラインサービスよりBPOにより近いサービスをご提供していますから、プロジェクトの管理進行もご依頼に応じて行います。 イレギュラーな業務の報告・対応について事前に対応を決めておくなら、ビジネスチャンスとなる機会を逃さずお客様とのコンタクトでいます。よほどトリッキーな事が起こらない限りは、手間を取られる必要はありません。これがトーイングウーマンがご提案するオンラインアシスタントの形です。

現在、弊社「source」のサービスをご利用中のお客様に弊社をお選びいいただいた理由を伺いました。弊社サービスをご利用される前に他社のサービスを経験されたクライアント様もいらっしゃいました。過去にオンラインアシスタントの導入を経験された方は、「オンラインアシスタントをお願いしたけれど、案外手間が減らない」という感じておられましたが、「source」のサービスを利用して満足したいただいております。

sourceが経験から実感していることは、オンラインのみの対応だと、初動の業務把握と意思の疎通に時間がかかり、満足いただけるサービスに繋がらないということです。オンラインアシスタントとのやり取りは基本的に文字やzoomなどのオンラインビデオ会議システムになりますが、やはり人と人とのやり取りとなる為、最初に顔を見てコミュニケーションをとっていくことは、その先のサポートの質に繋がると感じています。そのため、トーイングウーマンでは、まずご導入時には必ず対面での打ち合わせを行っています。また状況によって、sourceのスタッフが利用企業のスタッフとして、オフラインでの会議にも参加し、業務内容や、お客様のサポートを行っています。ぜひ一度御社のご要望をお聞かせください。無料トライアルをお試しいただけます。

オンラインアシスタントのブログ:意外な効果ー社内スタッフの意識改革に オンラインアシスタント

意外な効果ー社内スタッフの意識改革に
オンラインアシスタント

意外な効果ー社内スタッフの意識改革に
オンラインアシスタント
640 427 source

日本でも話題のオンラインアシスタントは、業務の効率化だけでなく、上手に活用することで社内スタッフの意識改革にも一役買います。

オンラインアシスタントとは

実際に業務を依頼する上で、オンラインアシスタントの役割について知っておくなら、どんな業務を依頼できるのかイメージしやすく、やり取りがスムーズに行えます。

オンラインアシスタントは、会社のバックオフィス業務を代行で引き受けるサービスのことで、企業の負担軽減に役立つ仕組みとなっています。つまり、オンラインアシスタントへ業務を委託することになります。

外部に業務を委託するメリットとしては、人材の確保が難しい状況でも業務を任せられたり、人材が見つかるまでのつなぎにも活用できる点が挙げられます。
また人件費の節約を考慮しているときや、一時的に増えた業務の負担を軽減したい場合にも役立ちます。人材を直接雇用するとなると、人件費の発生と負担を免れることはできませんし、規模が大きくなり人数が増えればその分負担が大きくなります。特に、現在の社会情勢や経済が不安定な状況においては、先行きの不透明感から人員整理に踏み切るケースも少なくありません。しかし一度人員を減らしてしまうと、他のスタッフへの負担が増えてしまったり、再び人材を増やそうとしてもすぐに見つからないケースもあります。さらに、育児や介護といった一時的な離職が発生しやすい時代ですから、欠けた人員を補う方法については、常に念頭に置いて考えておく必要があるでしょう。

そんな時に頼りになるのがオンラインアシスタントです。依頼して実際に業務を初めてもらうまでに要する工数の少なさとコスト削減、人件費の調整は、企業にとってメリットが多く魅力的です。

オンラインアシスタントのサービスを提供している弊社のスタッフは、会社で経理や財務などの実際の現場で業務を行っていましたが、育児や介護といった一時的な理由で離職せざるをえなかった人たちもいます。彼らの経験や知識は即戦力となり弊社サービスをご利用くださるクライアント様へ、自信をもってご提供しています。

今回は、社内スタッフと優秀なオンラインアシスタントがともに働くことで得られる、さらにどんな効果が期待できるのか、お伝えしていきます。

無料トライアルをお試しください。

意識改革につながるサービス、つながらないサービス

あまり知られていないかもしれませんが、オンラインアシスタントを扱う企業にも様々な形態があります。選ぶ際には、会社のニーズに合っているのか、確認が大切です。

アシスタントとして業務を行うスタッフが担当するクライアント決まっておらず、毎回違う場合があります。スポット的にハイスピードの対応を重視するなら毎回スタッフが違っていても対応が早いので気にならないかもしれませんが、アシスタントに対するディレクション業務を社内で誰かが行う必要があります。定期業務を依頼するなら同じ依頼を繰り返すのは自社スタッフの手が取られ、業務の効率化、生産性向上にスムーズにつなげることが難しい場合もあります。

また、仮に定期業務を依頼してサービスを受けた場合、依頼した内容を的確に行ってくれるので、安価に単一のサービスが受けられるのは魅力的かもしれません。しかし、場合によっては柔軟な対応や気づきが求められる業務が多い中、もう一歩気づいて作業して欲しいと感じる依頼者もおられるかもしれません。

オンラインアシスタントは、オンラインでのサービスがメインとなり、オンラインのみのサービスしか提供していないこともあります。しかし、長くオンラインアシスタントを利用していると、オンラインアシスタントはそれまでの流れなどを把握しているので、サービス導入前の打ち合わせや、業務上の方向性や細かな点をオフラインでスタッフと話し合えるなら、スムーズに意思疎通を図り、業務を進められます。欲しい部分はどこか、欲しい種類の業務は何か、突き詰めていくことができます。トーイングウーマンでは、まずサービスご導入時には必ず対面での打ち合わせをさせていただいております。また状況によっては、スタッフがオフラインでの会議に参加いたします。

オンラインアシスタントのブログ:意外な効果ー社内スタッフの意識改革に オンラインアシスタント

意識改革のきっかけづくり

トーイングウーマンのオンラインアシスタントでは、各クライアント様ごとに担当者のチームで対応していますから、毎回の業務時にアシスタントへの説明をする時間と手間がかかりません。当社にてしっかりと引き継ぎを行っていますので、継続するほどに業務への理解、作業効率の向上や業務範囲の拡張も期待できます。

また、オンラインアシスタントの姿勢に応え、指示をくださるスタッフの方が、より効率的に業務を依頼できるよう意識を新たにされるケースもあります。

オンラインのコミュニケーションになることで業務を整理し、標準化する機会ができるといったメリットもあるようです。サービス導入に伴い、コア業務とノンコア業務を分け、また複雑に絡み合った業務内容を他者が見ても分かるよう普遍的に整理するよい機会になるようです。自社スタッフの中で段取りなど業務への意識改革につながり、社内のコア業務の整頓、効率化など意外な面でお役に立てるかもしれません。

トーイングウーマンのオンラインサービスのイメージは、「プチBPO」です。BPOは大きなサービスになりますが、オンラインアシスタントはコンパクトなサービスですから業務の管理進行もご依頼に応じて行います。プロジェクト管理を行い、納期などのご要望に沿って、各方面に連絡、進行を見守ることも致します。担当者がしっかりと状況を把握してサポートや次の提案を行い、各社スタッフの方と力を合わせ、生産性の向上を目指しております。

多岐にわたるサービス

オンラインアシスタントの業務は幅広く、様々な業務が対象になります。

経理関連業務:見積書の発行や請求書の発行、会計情報の入力サポートなどを行います。

人事関連業務:応募メールの問い合わせ対応、面談の調整や人材媒体管理など、人事採用に関する様々なサポートをします。

秘書関連業務:アポイント調整や出張手配など細かい事務タスクを行います。

営業・社内サポート業務:提案書の体裁整備やデータ入力、紙資料のデータ化など多岐にわたります。

グローバルに展開している企業が増える中、翻訳やバイリンガル業務も人気があります。
メールやビジネス文書、社内文書の翻訳や海外サイトのリサーチなども行います。
最近は英語だけでなく中国語や韓国語など、英語以外の翻訳やバイリンガル業務に対応している会社も増えています。

サイトの素材の制作など、WEBサイト運用に関する業務をサポートできる会社もあります。

御社では、どの分野に新しい風が必要でしょうか。まずは無料トライアルをご利用いただき、ご要望をお伝えください。

オンラインアシスタントのブログ:専門分野にも強いオンラインアシスタント

専門分野にも強いオンラインアシスタント

専門分野にも強いオンラインアシスタント 640 427 source

オンラインアシスタントは、様々な業務をインターネットを利用して代行するサービスです。個人事業主や中小零細企業のように担当社員を雇うことが難しい場合にも、必要なときだけ利用できることが大きなメリットです。

そんなオンラインアシスタントですが、可能な業務はデータ入力や資料の作成といった日常的な業務だけではありません。顧客の対応を行う営業マンを支えるためのバックオフィス業務、たとえば経理・人事・秘書といった専門分野の仕事に対応できる人材が揃っています。

経理の仕事であれば、ただ会計ソフトが使える程度のスキルではなく、簿記などの資格を保有している人に仕事を頼むことが可能です。そんなベテランの専門スタッフを自社で育てるとなれば、何年もかかりますし資格を取得するためのサポートも充実していなければなりません。すでに能力のあるスタッフを中途採用する場合も、好待遇でなければ優秀な人材を集めにくいことが予想されます。その点、トーイングウーマンでは、すでに実務経験を積み資格を持つスタッフが揃っており、自社でスタッフを雇うことなく業務を依頼していただくことができます。自社で育てたり雇ったりする際に比べ、大幅にコストパフォーマンスが良くなります。

専門分野の仕事を依頼するなら企業の選定は慎重に

しかしながら、専門分野の仕事を依頼する際には、企業の選定に慎重さが求められます。オンラインアシスタントを扱う企業にも様々な個性があります。例えば、経理・人事・秘書といった業務を得意とする企業もあれば、動画やデザインの作成などの分野を得意とする企業もあります。また、同じ業務でも専門分野の質に違いがあります。例として翻訳・通訳を行う企業の場合、英語のみ対応している企業と、中国語やフランス語など多言語に対応している企業がある等の違いです。依頼したい業務内容に応じて適切な会社を選ばなければ、期待通りの業務をしてもらえません。

また、専門業務であるほど業務についての打ち合わせは重要です。しかし、オンラインアシスタントを扱う企業の中には、オンライン対応しかしない企業も多くあります。トーイングウーマンでは、まずご導入時には必ず対面での打ち合わせをさせていただいております。また状況によっては、スタッフがオフラインでの会議にも参加いたします。

当社では、各クライアント様ごとに担当者を配置しておりますので、毎回の業務時にアシスタントに説明する時間と手間がかかりません。そこに手間がかかってしまうなら、オンラインアシスタントを活用するメリットが半減していまいます。当社では、社内にてしっかりと引き継ぎを行っております。イレギュラーにも柔軟に対応しております。業務の増減や変更などをお申し付けください。きめ細かく対応させていただきます。

また、トーイングウーマンのオンラインサービスのイメージは、「プチBPO」です。BPOは大きなサービスになりますが、コンパクトなサービスですから業務の管理進行もご依頼に応じて行います。プロジェクト管理を行い、納期などのご要望に沿って、各方面に連絡、進行を見守ることも任せていただけます。担当者がしっかりと状況を把握してサポートや次の提案をいたします。

オンラインアシスタントのブログ:専門分野にも強いオンラインアシスタント

無料トライアルをお試しください。

クラウドソーシングとの比較

外部に専門分野の業務を依頼する点では、クラウドソーシングという方法もあります。クラウドソーシングは、知識・技術・経験をもった個人と業務委託契約を結ぶ方法であり、同じように自社で人材を育てなくても業務を依頼できます。ただし業務の質は、クラウドワーカー一人一人によって大きな幅があります。

クラウドワーカーの登録者の中には、パソコンスキルなどハードルが低い方や実践の経験が浅い方も混じっています。もし、求めるレベルではないクラウドワーカーに業務を依頼してしまうと、その仕上がりは期待したものではなくなります。再依頼や、やり直しなどの手間と時間がかかります。数多くのクラウドワーカーの中から、求めるレベルをこなせるクラウドワーカーを探すことが必要になります。そしてクラウドソーシングは個人の契約のため、たとえ依頼したクラウドワーカーが仕事ができない場合でも、クラウドサービスを提供している会社によるフォローなどはありません。依頼した企業としては、支払った報酬は無駄になってしまいます。

一方、オンラインアシスタントのトーイングウーマンでは、採用試験で知識・技術・経験を確認しています。もし、クライアントの要求に応えられない素人ならば、スタッフになることはできません。

求めるスキル、専門性を持ったスタッフがいるオンラインアシスタント企業に依頼するのが安心です。

最終判断にはお試し

最終的にオンラインアシスタントを依頼する企業の選定をする際には、お試し期間の利用をお勧めいたします。無料で利用できる企業もあれば、格安料金で利用できる企業もあります。トーイングウーマンでは、無料トライアルで3時間実際に業務をさせていただき、仕事ぶりを確認していただくことができます。業務を実際にお試しいただくことで、専門分野の業務の質を正確にご判断いただけます。

オンラインアシスタントのブログ:オンラインアシスタントの営業・社内サポートサービス

オンラインアシスタントの営業・社内サポートサービスとは?

オンラインアシスタントの営業・社内サポートサービスとは? 640 424 source

日本でも話題のオンラインアシスタントは、労働環境を改善するだけでなく社内や営業スタッフの意識改革にも役立ちます。
慢性的に人手が不足している場合や、組織の拡大などで急に人手が必要になった場合はオンラインアシスタントの利用で問題が解決します。
オンラインアシスタントの業務は、主に事務系や営業のバックオフィス全般業務を行うため、メール対応を行うすべての業界・業種での幅広い実績があります。オンラインアシスタントは、オンラインで行う作業だけをイメージされることも多いですが、トーイングウーマンが提供する「source」は、オンラインだけではなくオフラインでの対応も行っています。

オンラインアシスタントが行う社内と営業サポート

最近の国内の状況として、様々な要因によってリモートワークを行う人が増えていますが、それに伴って、現在の業務内容の中にオンラインで対応可能な業務が意外に多いことに気づいた方も多いと思います。

一般的な企業で必要になる社内サポートは幅広く、データ整備業務などデータ入力やビジネス資料の作成、手書き資料のテキスト化などがありオンラインで遂行できる業務がたくさんあります。また、社内環境を整えるため、データ整理やメール整理などもオンラインアシスタントに依頼できるでしょう。

営業サポートとしては、営業スタッフのサポート全般になりますので、営業用の資料作成や営業ミーティングなどのクライアントと社内の日程調整、営業宛のメール対応などのオンライン業務がメインとなります。社内サポートと同様にオンラインアシスタントの活用方法は数多くあります。

オンラインアシスタントが行う
社内と営業サポート

最近の国内の状況として、様々な要因によってリモートワークを行う人が増えていますが、それに伴って、現在の業務内容の中にオンラインで対応可能な業務が意外に多いことに気づいた方も多いと思います。

一般的な企業で必要になる社内サポートは幅広く、データ整備業務などデータ入力やビジネス資料の作成、手書き資料のテキスト化などがありオンラインで遂行できる業務がたくさんあります。また、社内環境を整えるため、データ整理やメール整理などもオンラインアシスタントに依頼できるでしょう。

営業サポートとしては、営業スタッフのサポート全般になりますので、営業用の資料作成や営業ミーティングなどのクライアントと社内の日程調整、営業宛のメール対応などのオンライン業務がメインとなります。社内サポートと同様にオンラインアシスタントの活用方法は数多くあります。

オンラインアシスタントのブログ:オンラインアシスタントの営業・社内サポートサービス

オフライン対応もするオンラインアシスタントのメリット

オンラインアシスタントは、オンラインと言われる通り、インターネット環境を利用したパソコン業務をメインに行いますが、やはりオンラインでなくオフラインで行った方が良い感じる業務もあります。

例えば、営業サポートには、資料作りだけではなく営業の進捗や全体を把握して、期日などの予定をしっかり管理するなど営業スタッフのサポートも含まれます。この場合、業務全体や営業スタッフをよく把握した上でサポートすることになりますが、このようなオンラインだけではなくオフラインでの対応もあると、とてもスムーズにサポートが行えます。

社内サポート業務では、定型的な業務だけではなく、社内の環境などを把握した上で、どの面を効率化することができるか、またどんな分野の社内サポートを必要しているのかを検討し、適切なアドバイスなどを行うこともできます。こうしたオフライン業務は、意思疎通を十分図ることによって、より適したサポートができるでしょう。

オフライン対応もする
オンラインアシスタントのメリット

オンラインアシスタントは、オンラインと言われる通り、インターネット環境を利用したパソコン業務をメインに行いますが、やはりオンラインでなくオフラインで行った方が良い感じる業務もあります。

例えば、営業サポートには、資料作りだけではなく営業の進捗や全体を把握して、期日などの予定をしっかり管理するなど営業スタッフのサポートも含まれます。この場合、業務全体や営業スタッフをよく把握した上でサポートすることになりますが、このようなオンラインだけではなくオフラインでの対応もあると、とてもスムーズにサポートが行えます。

社内サポート業務では、定型的な業務だけではなく、社内の環境などを把握した上で、どの面を効率化することができるか、またどんな分野の社内サポートを必要しているのかを検討し、適切なアドバイスなどを行うこともできます。こうしたオフライン業務は、意思疎通を十分図ることによって、より適したサポートができるでしょう。

オンラインもオフラインも対応します!

企業のニーズに合わせた業務内容

オンラインアシスタント業務の導入を検討している企業にとって、自社のニーズに合うオンラインアシスタントサービスを数ある中から探すのは簡単なことではありません。選ぶ際には、自社が求めるニーズを明確にする必要があります。

一般的にオンライン秘書などを行うオンラインアシスタントは厳しい審査基準を経て採用されていますが、同じオンラインアシスタントを提供していても特徴は異なりますのでスタッフの特徴も変わってきます。企業のニーズに合ったサービスを提供しているところを選ぶようにすると、依頼したあとのオンラインアシスタントに期待するサービスと実際のサービスとのギャップが少なくなります。

秘書や経理、総務などの事務業務の他に、マーケティングに対応できる会社もあれば、営業や社内サポートを得意とするところもあります。また、高度な知識を必要とする業務よりも幅広く業務を行うことが得意なオンラインサポートもあります。

例えば、営業のサポート依頼するなら、営業のメール対応業務や営業資料の送付、顧客への案内メールなどを含むメール対応をメインに依頼するのか、営業のリサーチ業務やクライアントに関する記事リサーチや情報の抽出、商品リサーチなどリサーチ業務から会議のための資料づくりも依頼するかによっても、オンラインアシスタントサービスを利用する側が求めるレベルは変わってきます。

トーイングウーマンが選ばれる理由

先述したようにオンラインのアシスタントが担当できる業務は幅広くありますが、依頼する企業によって、それぞれ依頼内容は変わってきます。

トーイングウーマンが提供するオンラインアシスタント「source」のスタッフは、高い実務能力を持ち、専門性があるアシスタントが担当チームとして対応しています。
専門性があるアシスタントですので、オンラインだけでは不安を感じる企業様にもご利用されています。
また、担当チームとして対応しているので、業務内容やクライアント情報などを何度も伝えることがないので円滑に業務が行えます。オンラインだけはなく必要であればオフラインでの対応もしています。

オンラインアシスタント「source」を試して、痒いところに手が届くオンラインサービスを経験してみてください。

オンラインアシスタントのブログ:オンラインアシスタントのコア業務とノンコア業務の切り分け

オンラインアシスタント 〜コア業務とノンコア業務の切り分け

オンラインアシスタント 〜コア業務とノンコア業務の切り分け 640 426 source

業務の効率化を図る上で注目されているのが、コア業務とノンコア業務の切り分けです。
企業において、売上や利益を直接生み出す業務をコア業務と呼ばれ、ノンコア業務は、一般的にコア業務をサポートする業務のこと言われています。
コア業務は、企業にとって必要不可欠なものであり、専門的な判断が必要とされます。
コア業務とノンコア業務を上手に切り分けて、オンラインアシスタントを利用し、更に業務の効率化などを推し進めることができます。

ノンコア業務を賢く使う

例えば、事務や経理部門などのノンコア業務は、コア業務に比べると業務内容の難易度は比較的簡単になりますが、コツコツと確実に行う必要がある業務になります。
業務をコア業務とノンコア業務に切り分けることで、社員がコア業務により専念できるようになります。デスクワークで可能なノンコア業務を外部委託のオンラインアシスタントに依頼すれば、社内の労働生産が上がります。最近は、生産性や社内環境の改善のために、ノンコア業務をオンラインアシスタントに委託する企業が増えています。

ノンコア業務を依頼するメリット

結婚や転職など様々な理由で社員が退社すると、当然、企業は新しい人材を採用する必要がありますが、新しい社員が入ると業務の引継ぎや研修のための時間と労力が必要になり、手間がかかります。アウトソーシングには様々な種類がありますが、BPO(ビジネスプロセスアウトソーシング)サービスを利用すれば、企業の負担を軽減させることができます。
一時的に業務を外部企業に委託する従来の方法とは異なり、BPOは業務プロセスを丸ごとアウトソーシングするのが特徴です。

BPOは継続的な利用が前提になりますが、国内でも戦略的にBPOを導入している企業が増えています。そして、このBPOという大きな枠のサービスよりも気軽に導入でき、コストも大幅に削減できるのがオンラインアシスタントと呼ばれるサービスです。実際にオンラインアシスタントの導入を決めて利用する際には、まず最初に社内のノンコア業務とコア業務の切り分けをします。

企業サービスにとって必要な業務や他社との差別化が図れる業務、企業にとってノウハウを蓄積できる業務をコア業務と考えることができます。ですから、以前はコア業務に分類されていた業務でも、現在は、ノンコア業務に分類でき、オンラインアシスタントに委託できるケースもあります。

そして、企業として高い品質を保ちサービスを提供し続けるには、業務内容をノンコア業務とコア業務に切り分けして、依頼するオンラインアシスタントと良好な関係を築くこと大切です。

オンラインアシスタントのブログ:オンラインアシスタントのコア業務とノンコア業務の切り分け

オンラインアシスタント

先にご紹介したオンラインアシスタントは、日本でも注目を集めており、様々なメリットがあります。
オンラインアシスタントとは、インターネットを活用したノンコア業務をサポートするサービスです。主に、バックオフィス業務や秘書業務などを、在宅でアシスタントが担当します。アシスタントは自宅のパソコンで業務を行いますが、スピーディーに業務を遂行します。
そして、すべてがオンラインで完結しますので、余計な時間がかからず効率的に仕事が行えます。オンラインでサポートできる業務は幅が広く、バックオフィス業務はもちろん法務や会計など専門性が高い業務にも対応できます。
どのような業務を依頼できるか、一度、sourceにお問い合わせください。

オンラインサポートのサービス内容

実際、どのような業務を行っているのか、オンラインアシスタント「source」のサービスをご紹介します。最近は、WEB系の業務も人気があります。

  • 経理系の業務:
    見積書や請求書の作成、売上管理などをサポートします。
  • 人事系の業務:
    人事関係のメール対応や面談日の調整、研修資料の作成などの様々な業務を行います。
  • 秘書系の業務:
    スケジュールの調整など一般的な秘書の仕事全般に対応します。
  • マーケティング系の業務:
    競合のリサーチやプレスリリースの配信、営業リストの作成などマーケティングに関連する業務を行います。
  • WEB系の業務:
    最近はサイトの更新やコンテンツ作成、編集などを含むメディア運用業務やECサイト運用業務も需要があります。ECサイト運用では商品の登録や撮影、受注や発注の管理に加えてカスタマーサポートにも対応できます。

案外、通常業務(コア業務)に組み込まれてしまっているノンコア業務があったのではないでしょうか。この他にも、対応してる業務もございます。お気軽にオンラインアシスタント「source」へサービス内容をご相談ください。

オンラインサービスのメリット

これまでにもご紹介したように、企業にとってオンラインアシスタントを導入するメリットはたくさんあります。

仕事内容によって繁忙期だけ忙しくなるなど、仕事量が増減に応じてスタッフの増員させることも可能です。
オンラインアシスタントの「source」では、厳しい審査基準をクリアした人材を採用していますので、企業のニーズに併せ、即戦力になる人材が業務に従事しますから研修期間を設けてトレーニングする必要がなく、業務内容の説明後、すぐに仕事をスタートさせて円滑でスピーディーに業務サポートを行います。

また、オンラインアシスタントを依頼することで、採用コストをかけずに、必要な人材をすぐに確保できるので企業にって採用に発生する無駄を省きます。急な業務依頼であっても、業務内容について高いクオリティを維持できるのもオンラインアシスタントのメリットです。

社内の業務をコア業務とノンコア業務の切り分けて、一度、オンラインアシスタントを利用してみるのは、いかがでしょうか。

オンラインアシスタントのブログ:オンラインアシスタントのオンライン秘書サービスとは?

オンラインアシスタントのオンライン秘書サービスとは?

オンラインアシスタントのオンライン秘書サービスとは? 640 427 source

新型コロナウイルスの流行により、できるだけ社員の出社をなくそうとリモートワークの導入を推進している企業が増えています。そこで注目されているのが、オンラインアシスタントという存在です。業務の中には顧客と近い距離で働く営業やマーケティングといった業務と、それを支える経理や総務といったバックオフィスと呼ばれる業務があります。そのバックオフィスを代行するのがオンラインアシスタントです。

派遣やパートを雇うのとは違い、採用にかける時間やコストを削減でき、専門的な知識やスキルを持つ人に仕事を依頼できるので業務の効率化を期待できます。リモートワークが勧められているこの状況下で、その働き方は社員とそれほど違いはありません。そのため、オンラインアシスタントに仕事を任せることは、企業にとってコストが抑えられるなどの、メリットが大きいといえます。また、オンラインアシスタントで仕事をしている人は、ネット環境さえ整っていれば家でも外出先でもその場が職場に変わります。オンラインアシスタントを利用することで、出社人数を減らし、コロナ渦においてリモートワークを推進する社会の一端を担うことにもなります。

オンライン秘書に依頼できること

オンラインアシスタントが提供しているサービスのひとつに、オンライン秘書サービスがあります。秘書業務には、上司のアポイント調整、出張手配、ホテルのリストアップなどのスケジュールを管理、上司宛ての電話・メールの一次受けなど、手間や時間のかかる作業が含まれます。それらをオンライン秘書サービスは、一手に引き受けます。オンラインのサービスであるため、取引先との交渉への同行や、オフィスでの業務を依頼することはできませんが、インターネットを介して様々な秘書業務を行い、コア業務の円滑な進行を支えます。また、トーイングウーマンのオンラインサービス「source」なら、他の様々な分野のサービスと組み合わせて、各社の必要にぴったりな方法でご活用いただけます。

固定概念を覆すオンライン秘書活用メリット

オンライン秘書は、すでに必要なスキルを身につけているため、教育に時間をとられることもありません。また病欠等によってスタッフの穴があく心配もありません。

また、オンラインアシスタントには様々な能力をもつスタッフが在籍しているため、時期に合わせて必要な能力を持つスタッフに仕事を依頼することができます。例えば、海外との取引をする際には多言語対応サービス、採用の繁忙期には人事サポートというように柔軟性のある依頼ができます。オンラインアシスタントは様々な業務に対応可能です。

さらに、コア業務以外のバックオフィス業務をオンライン秘書に任せることで、自社スタッフはコア業務に集中でき、企業の躍進、効率化を図ることができます。

一般的に秘書を雇う場合には、福利厚生費、設備費、採用にかかる時間と費用などがかかります。しかしオンライン秘書であれば、通常秘書を雇う場合にかかる固定費が不要なため、これまで秘書を雇っていなかった中小企業や個人事業主にとっても利用しやすくなっています。
多くの業種においては閑散期と繁忙期の業務量に差があり、常にあるわけではない業務があります。その場合、不定期な業務のためにスタッフを直接雇っていると人件費、設備費などが無駄になってしまうことがあります。しかし、オンライン秘書サービスなら設備費もかからず、必要でない時期は契約を解除し人件費を削減することができ、業務量に応じた人件費の調整が可能になります。

オンラインアシスタントのブログ:オンラインアシスタントのオンライン秘書サービスとは?

無料トライアルをお試しください。

オンライン秘書を活用する前に注意したいポイント

オンライン秘書は、サービスを提供する企業によって対応できる業務が異なります。オンライン秘書を上手に活用するためには、まず、どのような業務を依頼したいかを依頼者が明確にすることが必要です。その上で、依頼したい業務内容に合致するサービスを展開している企業を選択するのがよいでしょう。求めている業務内容への相互の認識のズレが起こらないようにするためにも、依頼したい業務をある程度まとめておくことも大切です。トーイングウーマンでは、秘書サポートに加え、提案書の体裁整備や原稿の誤字脱字チェックなどを行う営業・社内サポート、採用関連の業務を担う人事サポート、経理サポート、不動産会社サポートなど多彩なサービスを提供しています。また、弊社がご提案する定型業務を1piece (1.5時間対応)単位で活用できます。サービスが多岐に渡るため、まずは御社のニーズをご相談いただき、ぴったりなサービスをご提案いたします。

メリットを大きく、デメリットを小さくするためには、どこのオンラインアシスタントサービス利用するか選択することが重要です。実績はどうか、依頼したい業務内容を提供しているのかなど確認が必要です。トーイングウーマンなら無料トライアルで確認していただくことができます。また思わぬ効率化に繋がるご提案をさせていただけるかもしれません。ぜひ一度試してみられるのはいかがでしょうか。

オンラインアシスタントのブログ:資料作成を依頼するならオンラインアシスタントを活用しよう!

資料作成は、オンラインアシスタントを活用しよう!

資料作成は、オンラインアシスタントを活用しよう! 640 427 source

資料作成は地味な業務でありながら、多くの時間と手間がかかります。関連のある資料を集めて内容を把握して整理し、目的に沿う情報をピックアップ、さらに見やすく、わかりやすく編集するといった手間がかかります。
また、コロナによる影響でオンラインでの研修やセミナーが増加し、オンラインでもわかりやすく伝えることができる資料作成の需要が高まっています。
資料作成をオンラインアシスタントに依頼することで業務を効率化でき、営業やマーケティング、新事業などのより優先度の高い仕事にスタッフの時間を充てることが可能になります。今回は資料作成をアウトソーシングするメリットについて取り上げます。

時代のニーズにあったオンラインアシスタントのメリット

ビジネスを拡大中の会社や起業したばかりの会社では、人手が足りなくなるリスクを抱えています。人材不足を速やかに補えるのが、オンラインアシスタントサービスです。

日本ではリモートワークの導入が話題になっていますが、オンラインアシスタントもリモートワークの1つです。オンラインで素早く仕事を依頼して、優秀なアシスタントがインターネットを介して会社のバックオフィス業務をサポートします。

昔から業務の一部を外注するシステムはあったものの、距離があるとスムーズな業務のやり取りが課題となっていました。しかし今はインターネットが浸透していますので、わざわざ距離のある会社まで行かなくても遠隔作業を行い、業務を完了させることができます。

繁忙期に応じて人手を確保

繁忙期だけ必要な人材が欲しい場合でも迅速な対応が可能です。企業のニーズに合わせて人員の増減ができるのも、オンラインアシスタントサービスの魅力です。導入スピードが速いのが特徴で、急にバックオフィス業務を行うスタッフが必要になった場合も迅速に対応できます。

クラウドソーシングも発注業務の幅が広く固定費がかからないという側面を持ちますが、クオリティが一定ではないという問題があります。しかし、株式会社トーイングウーマンが運営するオンラインアシスタント「source」であれば、実績のある優秀な人材を採用しているので、スタッフのクオリティが保たれています。時間とコストを抑えて会社の業務効率を向上できるオンラインのアシスタントサービスは、現在の日本において必要とされているサービスです。

人材確保とコスト削減

オンラインアシスタントのサービスには様々なメリットがありますが、人材確保とコスト削減という、メリットも1つに挙げれらます。
実際に採用する場合のことを考えてみてください。
まず、新しく事務員を雇うと、まず採用するために準備が必要になります。
そして、募集のための資料を作成し募集する媒体を選び、応募者との連絡や面接などの手間がかかります。
それらの手間と人材募集の費用は、オンラインのアシスタントサービスを利用することで、削減することができます。

また、オンラインアシスタントは、実績のある優秀なアシスタントを採用しているので、新人研修やトレーニングなどが最小限に抑えられ、すぐに業務を行ってもらうことができます。
優秀な人材は、派遣やパートという形で雇用することもできますが、仕事をしない場合でも固定費が発生します。一方オンラインのアシスタントサービスは、仕事の増減によって人材を確保することができます。以上のようにして採用コストや不要な固定費の削減につながります。

オンラインアシスタントのブログ:資料作成を依頼するならオンラインアシスタントを活用しよう!

具体的なサービス内容

株式会社トーイングウーマンが運営している「source」は、料金が安価で人気があるオンラインアシスタントサービスの1つです。また、優秀なスタッフが多数、在籍していますので、あなたの会社のバックオフィスの即戦力になります。

オンラインアシスタントの「source」が行っている業務内容の一部をご紹介します。
営業・社内サポートの業務では、提案書の体裁整備、原稿の誤字脱字チェック、紙資料のデータ化、パワーポイントフォーマット編集、ネット・電話でのリサーチ、クライアント人事情報確認、新聞紙面ピックアップ、映像や音声のタイプアップ、データ入力、infoメールチェックなど業務を行います。

資料作成の中でも不動産関連の資料作成では、物件リストのシート作成 、自社マイソクの新規作成 、自社マイソクのデータ変更、物件リストへの情報転記、自社マイソクの作成、簡単なHP物件の入れ替え更新、図面作成、賃貸物件のデータ収集とHP反映、レインズ、賃貸管理会社からの情報抽出などを行っております。

多言語にも対応しており、海外とのやり取りでメール翻訳、専門文章の翻訳、海外サイトを確認してのリサーチ、海外の飲食店やホテルのリストアップなどが可能です。

その他、経理事務なども多数、業務を受託しております。詳しい内容については、コチラからお問合せください。

オンラインアシスタントの「source」は、バックオフィス業務をスムーズに代行するために、Basicソース、Full timeソース、petitソースの3つのプランをご用意しています。

  1. ベーシックソース:月に65000円
    リーズナブルな料金設定になっています。
  2. フルタイムソース:月400000円
    実働時間は160時間です。
  3. プチソース:1.5時間5000円
    細かなニーズにも対応しています。

バック業務の資料作成に関して、オンラインシスタンとの活用方法をお伝えしましたが、いかがだったでしょうか。
会社のバック業務は、いろいろな業種で幅広くありますが、オンラインアシスタントは、さまざまな業務に対応しています。オンラインアシスタントを利用して、コア業務に専念できる環境を作ってみるのは、いかがでしょうか。

オンラインアシスタントの「source」では、無料トライアルをお試しいただくことができます。
検討中の方や興味のある方は、お気軽にお問合せください。

オンラインアシスタントのブログ:オンラインアシスタントでどんな業務を依頼する?

オンラインアシスタントでどんな業務を依頼する?

オンラインアシスタントでどんな業務を依頼する? 640 426 source

需要が高まっているオンラインアシスタントですが、依頼できる業務といえば、経理と人事から雑務に至るまで、いわゆるバックオフィス業務全般が当てはまります。
企業の顔や花形ともいえる営業やマーケティング部門に対し、これらを支援する事務や管理業務全般、法務と財務や総務はいずれもバックオフィスに分類されます。顧客と直接コンタクトをとる機会はまずなく、あまり表に出てこないので地味なイメージがありますが、フロントオフィスを支え企業運営に欠かすことのできない重要な存在です。会社の縁の下の力持ち、あるいは黒子的な役割を担っており、目立たない存在だとしても重要性について違う余地はないでしょう。

オンラインアシスタントの役割

実際に業務を依頼する上で、オンラインアシスタントの役割について知っておくなら、どんな業務を依頼できるのかイメージしやすく、やり取りがスムーズに行えます。

オンラインアシスタントは、会社のバックオフィス業務を代行で引き受けるサービスのことで、企業の負担軽減に役立つ仕組みとなっています。つまり、オンラインアシスタントへ業務を委託することになります。

外部に業務を委託するメリットとしては、人材の確保が難しい状況でも業務を任せられたり、人材が見つかるまでのつなぎにも活用できる点が挙げられます。
また人件費の節約を考慮しているときや、一時的に増えた業務の負担を軽減したい場合にも役立ちます。人材を直接雇用するとなると、人件費の発生と負担を免れることはできませんし、規模が増えて人数が増えればその分負担が大きくなります。特に、現在の社会情勢や経済が不安定な状況においては、先行きの不透明感から人員整理に踏み切るケースも少なくありません。しかし一度人員を減らしてしまうと、他のスタッフへの負担が増えてしまったり、再び人材を増やそうとしてもすぐに見つからないケースもあります。さらに、育児や介護といった一時的な離職が発生しやすい時代ですから、欠けた人員を補う方法については、常に念頭に置いて考えておく必要があるでしょう。

そんな時に頼りになるのがオンラインアシスタントです。依頼して実際に業務を初めてもらうまでに要する工数の少なさとコスト削減、人件費の調整は、企業にとってメリットが多く魅力的です。

オンラインアシスタントのサービスを提供している弊社のスタッフは、会社で経理や財務などの実際の現場で業務をしていましたが、育児や介護といった一時的な理由で離職せざるをえなかった方々もおられます。彼らの経験や知識は即戦力となり弊社サービスをご利用くださるクライアント様へ、自信をもってご提供しています。

無料トライアルをお試しください。

オンラインアシスタントの利用の事例

近年はリモートワーク化が進み、自宅に居ながら仕事をしたり、オフィスに常に人員が在席しないという企業も増えつつあります。オンラインアシスタント活用の事例の中には、残業続きだったバックオフィス部門の人員が定時で帰れるようになったり、浮いた時間を使って新事業に取り組むなどの事例があります。

工数のカットに成功してコスト削減を実現したり、ほとんどノウハウのない専門的な業務の悩みが解消したという事例も珍しくありません。起業時にバックオフィスのことまで手が回らなかったり、後回しにして後々困るケースもあります。ところが、専門性があって即戦力になるオンラインアシスタントを使えば、このような悩みはスピーディーに解決します。

各部門の人員を揃えるとなると、コストと時間を掛けて人材育成に取り組むか、経験豊富な人材を探して採用することが必要になります。長い目で見れば人材育成をするのも悪くないですが、フロントオフィスを除く全部門となれば大変です。転職希望者の中途採用は人材育成の手間を省けるものの、肝心の母数が少なく採用のチャンスが限られるのがネックです。リモートワーク時代は特に人材の確保が難しいので、これから育成や中途採用を始める企業は困難に直面するでしょう。

新しいリモートワークの時代に合っていて、こういった悩みや問題を一挙に解決するオンラインアシスタントは、今後更に活躍の場を広げていくはずです。社員のように頼ることができて業務が任せられたり、スタートアップでつまずかずに起業できたという事例が沢山あります。
完全リモートワーク採用の企業の事例では、バックオフィス業務をほぼ丸投げできることから、リアルオフィスと変わらないビジネスに取り組めると結論づけられています。やり取りはオンラインで完結しますし、シームレスかつ円滑にコミュニケーションを図り業務を進められますから、リモートワークで快適性を実感しておられます。常時、自社社員のように業務を割り振ることもできますし、普段は社内で業務に取り組み、手が回らない時にだけ分担を依頼することも可能です。

オンラインアシスタントのブログ:オンラインアシスタントでどんな業務を依頼する?

オンラインアシスタントの利用と今後

リモートワーク主体の企業だと、オフィスがなくて身近に人員がいないことを不安に思いがちですが、いつでも頼れるアシスタントがいれば安心です。一時的な人員の補充ならアルバイトという手もありますが、能力のばらつきが大きく、即戦力になる保証がないのはデメリットです。その点、アシスタントは業務に関する知識と経験を持っているので即戦力になりますし、信頼できて頼りになります。

従業員数の多い中規模以上の企業であれば、他の部門の人が一時的に不足を補うこともできますが、10名前後の小規模だと普段の業務で手一杯です。過去の事例で多数見られるのは、人員がギリギリで突発的な変化の対応が難しく、人手が足りなくなる状況で安心感が得られたというケースです。雑務などに振り回されず余裕が生まれるので、目の前の業務に集中できるようになり、成果が出て経営が安定します。活用してみるのはいかがでしょうか。

オンラインアシスタントを活用するメリットは?

オンラインアシスタントを活用するメリットは? 1920 1440 source

リモートワークの導入が必要になるなど、多くの人が会社の在り方を見直している今の時期に、オンラインアシスタントに注目する方もいらっしゃいます。
では、オンラインアシスタントを活用すると各分野でどのようなメリットを期待できるのでしょうか。

オンラインアシスタントを活用するメリットは?

インターネットを利用して企業のサポートを行うオンラインアシスタントを活用すると、バックオフィス業務のプロフェッショナルに業務を委託することが可能なため、クオリティが高い仕事を期待できます。オンラインアシスタントに依頼すると、コア業務のかたわら行っていた時よりも短い時間でこなしてくれること多くもあります。

また、人件費を削減できるという大きなメリットもあります。例えば、経理や英語等の専門的な知識を必要とする業務を行わなければならない場合、知識を有する人員を改めて雇用する必要が出てしまいます。そんな時オンラインアシスタントにサポートを依頼すれば、人員を新たに雇用する必要はありません。最小限の社員で業務を行うこともできるため人件費を抑えることができ、不必要な人件費を削減することができるといえるでしょう。人員の採用のための求人広告費や備品等の費用も削減することができます。また、リモートワークで仕事を依頼することができるため、交通費を支払う必要もありません。社員の長時間労働を減らして、残業代を削減できることもあります。

さらに、オンラインアシスタントを活用することでさまざまな点で効率化を図ることができます。会社の状況に合わせて活用できるので、時間も費用も効率的に用いることができます。遠隔業務となるリモートワークなので、物理的な調整が少なく済み、効率的に導入開始できることも魅力です。専門知識が豊富で様々なスキルを保有しているアシスタントに、より効率的な仕事を行うことができるよう様々なアドバイスをもらえる場合もあります。オンラインでスムーズに仕事を依頼することができ、チームでのサポート体制をとっているオンラインアシスタントであれば、病欠や退職時の引継ぎに手間取られることもなくなります。何よりも、行わないわけにはいかない雑務を安心して任せられるので、本業務にしっかり力を入れることができます。

そのほか以下のような各分野でのメリットもあります。

営業面でのメリット

電話受付や商談等のアポイントの調整、メールの返信等も依頼することができます。また、営業経験を持つオンラインアシスタントに依頼できる場合は、営業アシスタントを期待することもできます。紙資料のデータ化やパワーポイントフォーマット編集などです。サポートをお願いできるため営業の仕事に集中することができ、結果に結びつけることができるといえるでしょう。

経理面でのメリット

専門業務に関しては、請求書や売上管理、経費精算等の経理業務や、採用等の人事業務を依頼することができるよう制度が整えられました。経理業務については、オンラインアシスタントを利用することで、決算期等でも余裕をもって仕事を行うことができるようになり、税金制度の改正等新しい情報を常にチェックすることが可能になります。1年間の利益や損失を決算書として提出する決算期等は忙しく、日常に行う仕事や情報収集が疎かになる可能性があります。会計規則や法人税等の税法は、頻繁に臨時の措置がとられたり改正されるため、常に最新情報をチェックしなければなりません。最新の情報をチェックすることにより、有利に税金制度を活用することができるようになり、ビジネスの拡大に貢献することができます。

人事や多言語対応面でのメリット

人事業務については、就職希望者の対応や応募者メールの対応、セミナーや面接の日程調整、研修会場の手配や資料作成等をお願いすることができます。就職希望者が多い場合、電話による一次ヒアリングの対応に追われる場合があり、日常の業務を円滑に行うことができません。そのため採用に支障が出てしまうことがあります。しかしオンラインアシスタントのサポートを依頼すると、スムーズに対応することができるようになり、採用辞退者を防ぐことにもつながります。外国人の採用を希望する場合、外国語での対応が可能なサポートを依頼することもでき、メールの翻訳等も依頼できるのは、大きなメリットといえます。

業務に関しては一般業務や専門業務等となり、一般業務の場合は営業資料の作成やリサーチ業務、データ入力や顧客管理、備品の購入や補充等を依頼することが可能です。
株式会社トーイングウーマンが運営する「source」では、以下のサービスを扱っております。

「source」では、無料トライアルを実施しています。新しい会社のスタイルを考案する材料としても、一度ぜひ、オンラインアシスタントをご体験ください。