ブログ

オンラインアシスタントのブログ|事業拡大時にプチBPOのオンラインアシスタントが役立つ理由

事業拡大時にプチBPOの
オンラインアシスタントが役立つ理由

事業拡大時にプチBPOの
オンラインアシスタントが役立つ理由
640 425 source

企業は、業績増加を図るために日々、さまざまな取り組みをしています。その中の一つに「事業拡大」があります。事業拡大をすることにより、自社の認知度をアップさせ、市場に柔軟に対応し、利益を増やすことができます。その一貫として今ある事業を大きくしたり、新規事業を行ったりします。事業拡大を行う際に、プチBPOのオンラインアシスタントを利用するのは、いかがでしょうか。

プチBPOのオンラインアシスタント

ネット環境が整うにつれて広く知られるようになったオンラインアシスタントは、ノンコア業務をメインに業務を行います。事業拡大を行うためには、時間の確保が必要なります。そのために、今行っている業務をコア事業とノンコア業務を事前に切り分けることが役立ちます。ノンコア業務も大切な仕事ですが時間のかかる作業だったり、継続して行う必要があったりします。そこでノンコア業務をオンラインアシスタントに依頼するなら、コア業務により集中でき、事業拡大に充てる時間を確保できます。

オンラインアシスタントがオンラインだけの業務を行うのに対して、オンラインアシスタントの中でも一歩先を行くプチBPOのようなサービスを提供している「source」は、オフラインでの業務にも対応します。オンラインでの業務には、たとえば、営業のアシスタントとして資料を作成したり、メール対応などがあります。オンラインアシスタントが行うそれらの業務に加えて、「source」はさらに営業スタッフの行っている業務のプロジェクト管理なども行います。また、必要に応じて会社スタッフとして、オフラインでのミーティングにも参加します。ミーティングに参加するので、その場の雰囲気を把握して、クライアントに対応することができます。そのためオンラインでは説明が伝わりにくい作業や、新規事業のプロジェクト管理を依頼することができます。オンラインだけではなく、オフラインでも業務対応する「source」のサービスを経験してみませんか?

オンラインアシスタントのブログ|事業拡大時にプチBPOのオンラインアシスタントが役立つ理由

無料トライアルをお試しください。

事業拡大において役立つ

プチBPOのオンラインアシスタントは、事業拡大においてどのように役立つでしょうか。どのようなメリットがあるのか、一部をご紹介します。

  • 事業拡大に伴う、リソース不足や人手不足の問題が解消される
  • 事業拡大の業務に注力出来る
  • 人件費を抑えられる
  • 経験ある人材を確保できる
  • 業務全体の効率化を図れる
  • 新事業のプロジェクト促進

事業拡大に伴う、リソース不足や人手不足の問題が解消される

新事業を行うとなると、社内スタッフが事業拡大に時間を取られます。そのため新規スタッフを募集し新人教育を行ったりする必要が出てきます。そこでプチBPOのオンラインアシスタントを導入することにより、リソース不足や人手不足の問題が解消するだけではなく、今までの業務に支障をきたすことなく新事業を行っていける、というメリットがあります。

人件費を抑えられる

プチBPOのオンラインアシスタントのスタッフは社会経験者ですので、新事業立ち上げのための人材を新たに採用するよりもコストを抑えながら、専門的な知識やノウハウやスキルをもった人材を確保することができます。新規スタッフを雇うのに比べて雇用保険など費用をかけず、経験のあるスタッフがプロジェクト管理を行い、新規事業のプロジェクトをサポートしてくれます。

新事業のプロジェクト促進

事業拡大には、しっかりしたプロセスが大切になります。プロジェクトを構造として捉え全体を把握し、進む方向性をはっきり示しつつ問題点に対応する必要があります。見据えた方向にしっかりプロジェクトを勧めるために、仮説を立て、プロセスを作ることも大切です。しかし、プロジェクトを成功させるためには、そのプロジェクトを動かすことが重要です。ですから、プロジェクトの管理をしっかりサポートする人材を確保することは非常に大切です。プチBPOのオンラインアシスタントは、そのサポートを担います。またオンラインアシスタントの導入することで、業務内容を外部に委託する業務と内部で行う業務に明確に分けることになります。それが業務全体の効率化につながり、新事業のプロジェクト促進しながら企業全体のレベルアップを図ることも期待できます。

オンラインアシスタントの「source」

信頼できるプチBPOのオンラインアシスタントを探しているなら、社会人経験が豊富で即戦力となる人材が多数在籍している「source」を一度、お試しください。「source」は、サービスの質、サポートの手厚さ、コストパフォーマンスの点でご満足いただいております。

「source」では、お客様のご依頼と相違がないように、しっかりとご依頼内容を把握するようにしています。内容を把握することで、本当に必要なことにスポットを当てた質の高いサービスをご提供しています。多くの企業から信頼を得ているプチBPOのオンラインアシスタント「source」のサービスを無料トライアルでお試しください。事業拡大を成功させるため、サポートを「source」にお任せください。

オンラインアシスタントのブログ|オンラインアシスタントを利用する心構え

オンラインアシスタントを利用する心構え

オンラインアシスタントを利用する心構え 640 429 source

最近より身近な存在になっているオンラインアシスタントとは、インターネット経由で仕事をサポートしてくれるオンラインサービスです。英語圏ではバーチャルアシスタントと呼ばれることもあります。
対面でコミュニケーションをするアシスタントと比較して、メリットが多く成長している分野の一つです。また、新型コロナウイルスの影響で在宅ワークが増加している現在、成長スピードは加速しています。今回は、直接アシスタントを採用する場合と比較しながら、オンラインアシスタントを利用する心構えを解説します。

オンラインアシスタントのサービス内容

オンラインアシスタントを利用するためには、委託できる業務内容を把握する必要があります。まず、オンラインアシスタントのサービス内容を確認してみましょう。弊社の「source」では、以下のようなサービスを承っています。

「source」のサービス

  • 営業・社内 サポート
  • 人事 サポート
  • 秘書 サポート
  • 経理 サポート
  • RPAサポート
  • プチ・クリエイティブ サポート
  • 不動産会社 サポート
  • 英文対応・多言語対応

「source」のサービス内容を一部ご紹介します。
まずどのビジネスにも欠かせない経理のサポートでは、日々の領収書から経費精算をしたり、請求書や見積書を作成します。財務諸表の作成を会計事務所に依頼している場合も、細々とした仕事が発生します。そのような細かい作業でもご依頼していただくことで、業務の効率化が図れます。
秘書関連の仕事内容もお任せいただけます。ミーティングのためには、会合場所や交通機関の予約や関係者への連絡などを行います。その他にも、取引先とのアポイントや書類の準備なども必要に応じて対応します。「source」はオンラインだけはなく、オフラインでの対応も行いますので、実際にミーティングに参加し司会進行なども承ります。

営業や社内サポートでは、マーケティング調査や企画も行います。社会経験者が在籍していますので、マーケティングのメソッドに則って市場を分析したり、経営戦略の合理性を判断してサポートしています。社内や社外に提出する書類を期日内に提出できるように、営業の進捗状況を把握してサポートを行ったり、議事録の作成や書類の整理・管理作業、ドキュメントからプレゼンテーション用のスライドを作成することもできます。WEB作業は、社内のクリエイターが行う業務として、プチ・クリエイティブな業務を「source」にお任せいただいております。そのほか、日々のビジネスにおいて時間のかかる資料作成や多言語対応、サイト調査も行います。よりコア業務に専念して大切なビジネスやクライアントとの信頼関係を築けるように、「source」ではオンラインアシスタントの業務を通してサポートしています。

オンラインアシスタントのブログ|オンラインアシスタントを利用する心構え

無料トライアルをお試しください。

一般的なアシスタントとの違い

ここまでオンラインアシスタントのサービス内容をご紹介しましたが、一般的なアシスタントには、以下の内容がよく含まれています。

一般的なアシスタント業務例

  • 一般事務/営業事務
  • 秘書業務
  • IT・通信の事務
  • マーケティング業務
  • 経理業務

提供しているサービス内容を確認してみると、オンラインアシスタントと一般的なアシスタントには大きな違いはない、と気がつかれたのではないでしょうか。

とはいえ、やはり大きな違いは業務を行う場所です。実際に会社に行って業務を行う一般的なアシスタントと、インターネットを通じて業務に従事するオンラインアシスタントということです。オンラインで素早く対応できる良さもありますが、すべての業務をオンラインだけで完結させることは難しいですから、どちらにもメリットとデメリットがあります。
オンラインアシスタントを利用するには、事前にどんな業務を依頼したいのか、どこまで依頼したいのかなど、コア業務とノンコア業務を依頼側が把握することがポイントになります。

オンラインアシスタントの「source」では、オンラインで業務を行いつつも、必要に応じてオフラインでもコミュニケーションを図りながら従事しますから、プロジェクトを把握したり会社の方針に従った業務を依頼しやすくなります。痒い所に手が届く、一歩先のオンラインアシスタント「source」をお試しください。「source」ではご依頼内容をしっかり把握してサービスをご提案いたします。

オンラインアシスタントのBPO的側面

アウトソーシングに詳しい読者であれば、オンラインアシスタント業務内容がBPOに似ていると思われるでしょう。BPOは、企業活動のプロセスの一部を外部に委託することで、貴重なリソースをコア事業に集中させ、新規のビジネスや開発、新しい顧客の開拓にあてることができるものです。

オンラインアシスタントも企業からの委託を受けて業務を行いますが、BPOと比較して、会社のバック業務サポートの側面が多くなります。委託の程度が大きくなるBPOに比べて、オンラインアシスタントを依頼するほうがハードルが低くなる場合も多々あります。BPOのハードルが高いと感じておられるなら、より依頼しやすいプチBPOのオンラインアシスタント「source」へご相談ください。

また、オンラインではコミュニケーションが伝わりきらないとお悩みの場合も、必要に応じて対面でコミュニケーション可能な「source」にお任せください。ご相談をお待ちしております。

オンラインアシスタントのブログ|クラウドソーシングとオンラインアシスタント「source」の違い

クラウドソーシングとオンラインアシスタント「source」の違い

クラウドソーシングとオンラインアシスタント「source」の違い 640 427 source

クラウドソーシングもオンラインアシスタントも、在宅でインターネットを活用して業務を行うという点では同じですが、どんな違いがあるのでしょうか?
「source」のオンラインアシスタントを利用するのであれば、クラウドソーシングにはないメリットをたくさん感じることができます。具体的な違いや魅力について正しく知っておくと、満足度の高いサービスを選ぶことができるようになるでしょう。

スキルの違いと手間

オンラインアシスタントを利用するのであれば、会社のスタッフとしてしっかりと役割を果たすことができる人材を確保できます。オンラインアシスタントには社会人の経験やキャリアがある方が在籍しており、実務能力はもちろんのこと、この業務を円滑に行える人柄であるかどうかを重視して採用されている点が特徴的です。応募率も高く、厳選された人材のみを確保しています。
クラウドソーシングの場合は、インターネットを介して不特定多数の人に特定の業務を依頼するので便利で利用しやすい反面、必ずしも質の良い受注者が見つけるのは簡単ではありません。また、安定して業務を行う人材の確保をするのも容易ではありません。
福利厚生費や環境設備が必要ないという点ではどちらのサービスも同じですが、クラウドソーシングの場合、依頼する相手によって能力のバラつきが生じます。個人の能力に依存するサービスですからサービスの質の差が顕著になる部分であり、依頼者は相手のプロフィールを見たりメッセージのやり取りを行って信頼できる相手かどうか見極める必要があります。プロフィールにはスキルや経験があるように書かれていても、実際に任せてみると、思うような仕事ぶりではなかったという事態になる可能性もあります。
オンラインアシスタントの場合、採用試験を通過しなければならず、企業側による教育もしっかり行っていますから安定した質の良いスタッフを従事させることができます。

スタッフの研修や業務の引継ぎ

業務の引継ぎにも違いがあります。オンラインアシスタントの場合は、サービスを提供している会社側でスタッフの研修、マネジメントが行われるのが一般的です。ですから、依頼した内容を伝えたら毎回指導や指示を行う必要がないので、素早く業務に取りかかってもらうことができるというメリットが感じられるでしょう。サービス会社によりますがクライアント毎にチームが組まれている場合、仮にスタッフが途中で辞めてしまっても個人的に契約を結んでいるわけではないので、速やかに他のスタッフが円滑に業務を引き継ぎます。その際の引継ぎも、基本的にサービス会社がチーム間で行うので依頼した会社側が再度、指導や教育を行う必要がなく、スタッフが変更になったとしても引継ぎに関わる負担を減らすことができます。弊社のsourceは、チーム制なので安心してご利用いただけます。
クラウドソーシングの場合は、個人的に契約をしているので、その方の体調不良などが起きたときや連絡が取れなくなったときなどのトラブルは、依頼している企業側が対応をすることになり、負担になることもあるでしょう。

オンラインアシスタントのブログ|クラウドソーシングとオンラインアシスタント「source」の違い

無料トライアルをお試しください。

依頼できる「分野」の広さ

他には依頼できる「分野」に違いがあります。オンラインアシスタントは、サービス会社にもよりますがクラウドソーシングより幅広い業務に対応できる特徴があります。
クラウドソーシングで不特定多数の人に複数の仕事内容の募集をかけても、なかなか希望通りの人材が確保できないケースもありますが、例えば、オンラインアシスタントのsourceの場合は、企業における様々な業務に対応できるように人材をチームで確保しています。sourceではまずクライアントがどのような事にお困りなのか、改善したと思っておられるのかなどをしっかりとヒアリングし、業務内容をお互い確認しあった後、サービス内容のご提案していますから、必要に応じた人材を確保しつつ、いくつかのジャンルが違う作業や仕事もお任せいただけます。
間違いなく、契約がスタートしてからでも、単発、長期で業務を依頼していただくことでも、魅力をたくさん感じていただけると思います。

もっと頼れる、一歩先をいくsource

sourceが提供するオンラインアシスタントのサービスは、一歩進んでおり、オンラインアシスタントサービスというよりプチBPOに近いサービスを提供しています。
例えば、営業や社内業務をお任せいただいた場合、プロジェクト管理から納期などの期日に沿って、各方面への連絡、進行の見守りなどの状況をしっかりと把握してサポートを行うことに加え、次のご提案も行います。一般的なオンラインアシスタントサービスよりもお任せいただける範囲が広いと感じていただけると思います。
結果として、本業に使える時間が増加し、営業活動の確保や拡大、新しい顧客の開拓や、新しい分野への業務拡大に繋がります。sourceでは、サービス導入によって省ける手間がより多くなり、しっかりとメリットを感じていただけるようクライアントの業務をサポートいたします。

満足できるサービスを見つける

クラウドソーシングとオンラインアシスタントのどちらも在宅から業務を行ってもらえるという点は同じですが、今回ご紹介したように作業を行ってくれる人の能力や経験、成果物のクオリティなどが大きく違っていることがあります。
クラウドソーシングは個人契約でリーズナブルな価格で簡単に依頼できることが多いですが、その分、成果物のクオリティが低くなったりバラつきがあります。便利なサービスではありますが、よりハイレベルな作業をスピーディーに期待したいのであればsourceのようなオンラインアシスタントを積極的に利用してみてください。それぞれのメリットがありますが、違いを知らないまま導入すると、期待していたサービスではなかったと感じることになりかねません。満足できるサービスを見つけるためにも、事前にサービスの内容を知っておくことが大切です。オンラインアシスタントのsourceでは、無料トライアルをお試しいただけます。ぜひ、検討してみてください。

オンラインアシスタントのブログ|BPOの展望とプチBPO「source」のサービス

BPOの展望とプチBPO「source」のサービス

BPOの展望とプチBPO「source」のサービス 640 427 source

BPO(ビジネスプロセスアウトソーシング)は、企業が抱える様々な経営課題を解決するために役立つサービスです。具体的には、働き方改革の推進、人材不足や採用難の克服、さらに業務プロセスを抜本的に改革し、生産性を向上させることも可能です。そのため、このサービスはいま注目度が高まっており、導入する企業も増加傾向にあり、今後も市場拡大が見込まれています。
しかし、BPOのサービスは枠組みが大きいため依頼したくても難しいと感じている企業もあります。今後のBPOの展望とBPO程大きな枠組みではなく、手頃に利用できるサービスであるプチBPOをご紹介します。

BPOの展望

国内BPO市場予測で、今後も市場規模は大きくなることが予測されているのは、BPOの特徴である複数の分野の仕事を依頼することができるからです。BPOで主に依頼されている分野は、人事とカスタマーケア、財務・経理と調達・購買の4種類に大きく分けることができます。

この4業種の中でも、人事の分野で市場成長率が高くなっており、今後もこの業種を活用する企業が増える可能性が高いと言えます。人事に関してBPOのサービスを求める企業が増加している理由は、昨今の人材不足の状況下でいかに時間とお金をかけずに最適な人材を確保するか、ということが重要視されているからです。入社後にミスマッチを理由として退職してしまうケースも多くあり、時間をかけて採用を行っても離職が発生すると労働力が失われます。そこで、BPOで人事サービスを利用すれば、人材採用のプロフェッショナルに採用活動を行ってもらうことができるため、それまでよりも業務の負担が軽くなるだけではなく、優秀な人材を確保して離職率を低くすることもできます。

カスタマーケアのBPOでは、労働人口減少の影響によってオペレーターの確保が難しいとの側面から需要がアップしています。しかし、チャットやソーシャルネットワークなどのマルチチャネル対応の増加に伴って、カスタマーケアのサービス内容は従来の電話による対応だけではなく、多様性が求められています。

財務・経理においては、業務改善を含めた業務プロセスの委託で需要が高まっています。クラウドサービスの導入が増加し、簡単な銀行記帳の代行などを依頼する企業は減少していますが、効率的に業務を行うために抜本的な改革を行う目的で利用する企業が増加しています。

調達・購買の分野では、企業のグローバル化が進むにつれて、部品の共通化や集中購買、材料費の削減に取り組む必要が増えています。そのため、企業内の調達や購買業務の最適化を図ることでより効率化を勧めるために、調達・購買の分野でBOPを利用している企業も少なくありません。

BOPのサービスはまだまだ成長する分野であることが分かります。

オンラインアシスタントのブログ|BPOの展望とプチBPO「source」のサービス

無料トライアルをお試しください。

プチBPO「source」のサービス

BPO業界全体を見てみると、労働力不足や労働法改正、働き方改革などの影響を受けて今後も市場が成長していくことが予測できます。BPOは、大きな枠組みのため、効率化や事業拡大へのステップにつながります。
今後も注目度の高いBPO業界で、社内の様々な業務を外部に委託することができるため、多くの企業から注目されています。依頼が多い事業分野については、大まかにIT分野と非IT分野に分けることができます。前者は社内システムの運用や企業のクラウドサーバー運用、ヘルプデスクなどが当てはまり、後者は経理や総務、人事や事務、コールセンターなどがあります。
BPOのサービスを利用する程でもない場合は、もっと手軽に導入する方法として、業務内容を切り分けてオンラインアシスタントを利用するケースも増えています。業務内容を細分化して考えてみると、人事の案内やメール対応などオンラインで対応が可能なケースもあります。もちろん、オンラインだけでは業務が出来ないケースもあります。オンラインアシスタントは従来オフラインでの対応を行いませんでしたが、「source」のサービスは、オンラインアシスタントをよりBPOに近づけたプチBPOで、オフラインでの対応もいたします。「source」のサービス内容は、コチラからご確認ください。

プチBPOを利用して、慢性化している人手不足や労働環境などの問題解決に役立ててみるのはいかかでしょうか。プチBPOの「source」では、オンラインでもオフラインでもしっかりお話を伺って、業務改善や効率化のサポートを行っています。無料体験のご連絡をお待ちしております。

オンラインアシスタントのブログ|オンラインアシスタント「source」が選ばれる理由

オンラインアシスタント「source」が選ばれる理由

オンラインアシスタント「source」が選ばれる理由 640 426 source

最近は、様々な理由により在宅で業務対応するオンラインアシスタントの需要が高まっています。国内には、オンラインアシスタントのサービスをご提供している企業は、多数あります。それぞれ、特徴がありますが、当社がご提供しているオンラインアシスタントの「source」の特徴について、ご紹介します。

多彩な業務をアウトソーシングできる

オンラインアシスタントの「source」をお選びいただく理由の一つは、多彩な業務をアウトソーシングできる点です。クライアントのニーズに応じて様々な業務に対応できる人材が在籍しており、最適なプランを実現していきます。任せられる業務の範囲を具体的に、クライアントとしっかりと話合うところから始まります。対応可能な業務は多彩で、営業や社内サポートの他に経理や秘書業務もお任せください。クリエイティブな部門や外国語を使う場面にも、対応いたします。
必要に応じてオンラインだけではなく、オフラインでのミーティングにクライアントのスタッフとして同席して、業務内容を把握してクライアントと足並みを揃えてサポートしています。

また、業務全体の管理進行やプチBPOのように業務サポートを行います。業務に携わっているスタッフは、社会人歴のあるスタッフですのでご安心してご利用していただいております。新入社員を一から鍛えあげるには、労力がかかりますが、「source」のスタッフであれば、即戦力として業務サポートを任せることができます。早い段階から業務を割り当てたい時には、sourceのサービスをご検討してみてください。

オンラインアシスタントのブログ|オンラインアシスタント「source」が選ばれる理由

社内環境の安定化をお手頃価格で実現できる

オンラインアシスタントを活用することで、社内環境をより向上させるメリットがあります。例えば、社員が離職した場合、新入社員探しや業務の引き続きを短期間に行う必要があり大変です。アシスタントを用いることで社員が離職し次の社員が入るまでの業務を安定化させることが可能です。次の社員をしっかり見定めて雇うことができますので、社内環境も安定します。また、sourceのスタッフが担当する業務内は、sourceスタッフ同士で引き継ぎますので、人材の入れ替えでクライアントの人事部が悩んだりする問題も回避できます。もちろん、クライアントの社員への仕事内容の引継ぎもしっかり行います。

社員を新しく雇う場合に比べてオンラインアシスタントを利用する時のことを考えてみてください。社会福祉費や設備費用、退職金などの費用が発生しませんので、社内のリソースを最適化するのに役立つ他、経理部門の負担を減らしたい時にもご検討いただいております。特に昨今のように感染症が流行した場合など、固定費を減らして変動費にウェイトをおきたいと考える方も多数おられ、フレキシブルに対応ができるオンラインアシスタントの比率を増やすことで、社内環境を安定化しつつ固定費に足を引っ張られるリスクを低減させる方法としてご活用いただいているケースもございます。sourceは、ご依頼業務の多寡に応じて柔軟に対応しています。

sourceのオンラインアシスタントには、Basic(20時間)、Full time(160時間)と2パターンあり、毎月65,000円からとご利用していただけやすくなっています。また、弊社がご提案する定型業務の場合、petit(1.5時間対応)というプランもございます。詳しくは、コチラをご覧ください。

キャリアのある人材がオンライン、オフラインでのサポート業務を行うsourceのサービスをお手頃価格でご利用いただけるので魅力的に感じていただいております。

無料トライアルをお試しください。

作業の効率化ができる

sourceへ業務をご依頼するために、現在行っている作業を細分化して分担することになりますので社員の作業効率に役立つメリットがあります。
例えばIT関係のエンジニアが報告やレポート提出などの業務も行っている場合、どうしても集中できずに能率が上がらないことがあります。そこで関連業務に詳しいsourceのアシスタントを使うことで、本来の業務に専念させるという活用方法があります。また、テキパキと短時間で終わるようにサポートしますので長時間労働を抑制できる場合もあります。マルチポストな活躍も大切ですが、特に専門職は集中して業務にあたる方が効率的な場合がありますので、一度ご検討してみてください。

また、限られた時間だけ活用できるのもポイントです。業務量が社員程ないけれど、アルバイトやパートが行うには難しいプチBPO的なバック業務があるという場合にも、短時間だけ依頼することができるので、メリットを感じていただくことができます。
社員が休むと、休んだ分だけ仕事が溜まっているので休みの取得を難しくしている面がありますが、sourceのアシスタントを使えば、業務をストップさせることなく社員を休ませることができます。ある程度のマンパワー調整ができますので、社員を一人増やすとやり過ぎなときには、オンラインアシスタントを考えてみてください。

他にもある種の業務に適した人材が社内にいない時に、アウトソーシングする際にもご活用いただいております。例えば社員全員が営業をしていて、事務作業が得意なスタッフがいない時です。この場合では事務スタッフを雇用して育成するのは一苦労ですが、その業務をsourceに丸投げしていただけます。加えて、成績に結びつかなかったり、業務にあまり関係がないようなタスクは積極的に作業したがらない傾向にありますが、そこにsourceのアシスタントを使うことできちんと管理進行サポートします。

最後にお試し期間をご用意していますので、実際の感覚が掴んでいただけます。ご満足していただいた方に本契約していただいております。新しいサービスの導入は良くわからないので、二の足を踏んでしまっている、という方は、ぜひお気軽に試してみてください。

オンラインアシスタントのブログ:「source」の導入成功例

オンラインアシスタント「source」の導入成功例

オンラインアシスタント「source」の導入成功例 640 426 source

オンラインアシスタントより進んだサービスで、BPOほど規模の大きくない「プチBPO」のようなサービスを提供しているオンラインアシスタントがあるのをご存じでしょうか。オンラインアシスタントをご検討されているのであれば、当社がご提供している「source」というサービスの利用をぜひご考慮ください。プチBPOに近い「source」のサービスには、オンラインサービスと同様にオンラインで行う業務はもちろんのこと、オフラインでのミーティング参加なども含まれます。「source」の導入成功例の一部をご紹介します。

営業・社内サポートの導入成功例

「source」で営業・社内サポートの分野をご利用していただいている企業からは、こんなお声をいただいております。

「社員への残業代の支払いを減らすことができた」
「長時間労働を減らすことができた」
「退職や産休に備えることができた」

「source」は、ご契約いただいた企業様が効率よく仕事を行い、成果を得られるようにサポートしています。
営業の仕事量は非常に多く、業務内容も多種多様です。そのため、多くの企業でクライアントとのやり取りする必要があり、全てを社員に任せると業務時間内に必要な業務が終わらないという問題が生じやすいと言えます。社内サポートはギリギリの人数を配置しているケースが多く、担当者の退職や産休などによって急に人手が足りなくなることもよくあることです。これらの問題が発生すると必然的に他の社員がその業務を行うので、残業することになります。給料も多く支払う必要が出てきますが、sourceを利用することによって日々の営業の仕事内容を軽減させ、よりコア業務に力を入れることができます。さらに、急な人手不足になっても社内サポートがおこなえますので、人材をしっかりと確保できるケースがあります。実際、社員が「本業に打ち込む時間を長く確保できるようになった」など、企業様から嬉しいお声をいただいております。

お客様への報告やクレーム処理などはとても大切な業務ですが、手間がかかり現場の声を上に挙げるのに時間がかかる場合があります。お客様への報告などが手間取る理由の一つに、対応も報告書作成もエンジニアが行っているということがあります。報告書のすべてをエンジニアが行うと、本業に打ち込む時間が削られることになるのは当然です。会社の利益を出すために必要な仕事が制限されてしまうことにもなります。そこで報告やクレーム処理などの時間がかかる内容をsourceにご依頼いただくと、多くの雑務から解放されたエンジニアが自分の本来の仕事に打ち込むことができるようになります。また、お客様への対応が得意なオンラインアシスタントに業務を任せることができるので、「円満にクレームを処理することができるようになった」、「お客様の報告時の理解度が高まった」という効果が感じられているケースも多数あります。

無料トライアルをお試しください。

経理サポートの導入成功例

オンラインアシスタントの経理サポートを利用することで成功している企業もあります。中小企業などは、少人数で経理を担当していたり、事務仕事と兼任していることもあり、事務作業が非常に進みづらいと言えます。日々の業務をこなすことが大変なだけではなく、体調不良での休みなどがある場合に業務が滞ってしまう可能性が高くなります。代わりに営業が行うとミスが起こったりして予定より時間がかかったりするので、経理担当者が休みづらくなったりもします。そんな場合sourceに委託することによって、そのような不測の事体に備えることが出来ますし、社内業務が円滑になることもあります。sourceでは、請求書や見積書の発行などや領収書の整理などのノンコア業務を行い、サポートいたします。

オンラインアシスタントのブログ:「source」の導入成功例

人事サポートの導入成功例

オンラインアシスタントのsourceでは、人事サポートまで依頼することができます。人事部門で実際に導入した企業では、「人材確保にかける時間を短縮することができた」と感じているケースも多くあります。新規採用を行うには、面接者と日程調整を行ったり、試験後に合否の連絡を行ったりする必要があります。他にも、採用スケジュールを考えたり、それを周知したりする必要があるでしょう。こうした内容をご依頼いただくことで、会社説明会を行う時間や面接後に審議する時間、他の人事に関係する業務を行う時間を増やすことができているケースがあります。会社説明会や面接を行うときには会場などをリストアップする必要もありますが、こういった作業まで任せることができるので雑務にかける時間を減らし、良質な人材を確保すること、社内の人材を育成することに力を入れることができるようになります。sourceは、より良い人材が確保できるようにサポート業務を行います。

RPAサポートの導入成功例

RPAサポートをsourceにご依頼いただけます。実際にご利用いただいて「煩わしいクラウドサービスの導入業務を依頼することでスピーディーにシステムが導入できた」と感じていただいております。業務を円滑に進めるために新たなサービスを利用する企業はたくさんありますが、それらの導入プロセスも時間がかかります。また、初めて利用するソフトを導入をした後、ソフトに習熟したり、利用者に周知したりなど、いろいろな過程があり、効率を実感できるまでに時間がかかります。導入に際してオンラインアシスタントのサポートを依頼することで、短期間で導入でき、導入に貴重な人手を割く必要もありません。直接業務と関係ない部分を任せることができるので非常に便利だと感じていただいています。ぜひご検討ください。

他にも、オンラインアシスタントのsourceでは、様々な内容をご依頼いただくことができます。また、ご依頼内容に応じて質の高い成果を実感していただけるようにサポートいたします。今回ご紹介したように、ご利用の企業の中には人件費や労働時間の削減に繋がっていると感じていただいたケースがいくつもあります。sourceは、オンラインアシスタントより一歩進んだプチBPOをイメージしていただけるサービスをご提供していますので、オンラインではもう一声欲しいと感じておられた企業様にもご満足いただいております。オンラインアシスタントを利用してもあまり変わらないだろう、本当にメリットがあるのだろうかと考えている方もいらっしゃるかもしれません。ぜひ、実際に導入した効果を無料お試しで実感してみてください。お悩みや問題をしっかりオフラインでお聞きしてご提案させていただきます。

sourceのオンラインサービスは、一歩先を行く

sourceのオンラインサービスは、一歩先を行く 640 427 source

sourceのオンラインサービスとは

sourceのオンラインサービスは、即戦力となるとても役立つオンラインアシスタントのサービスを提供していることで知られています。

バックオフィスの効率化に有効なこのサービスは、月額65,000円からとリーズナブルな料金で利用できるのが特徴です。手頃な短時間のプランと企業向けのフルタイムプランもあり、ご希望に合わせて無理なく選択していただけます。

また、イメージを実感できる無料トライアルが行えるのも特徴です。無料トライアルは法人の初回利用限定ながらも3時間と十分な時間を確保していますので、しっかりご確認していただいた上で本格的なご利用を検討していただけます。

sourceの優秀なスタッフ

sourceのオンラインアシスタントは、社会人であるキャリア女性がリモートであなたの会社の一員として働くサービスです。

採用は実務能力だけでなく、アシスタントとしての対応力や人柄も重視して行っており、採用倍率が高い中から選ばれた精鋭ですから、信頼できて頼りになる人材が揃っています。

sourceのスタッフは実務経験があるので会社全体の流れを把握し、バックオフィスの業務のサポートを行い、ご依頼の企業様がよりコア業務に専念できるようにサポートしています。

sourceを選ぶメリットとは

数あるオンラインアシスタントサービスからsourceを選び活用していただくメリットには、オフラインでの対応や人材確保、組織づくりの悩み解消に取り組めるという利点があります。

会社の組織づくりの悩みは、オンラインで対応しきれないこともありますが、sourceでは、オフラインでもしっかりと企業様とお話をさせていただき、実行に移すので問題点だけでなく全体の改善につなげていただくことも可能です。

例えば、従業員に残業代の支払いや長時間労働をさせる代わりに、残業代のコストを抑えつつ長時間労働を減らせた事例があります。また、sourceのコンセプトはプチBPOですから、顧客に対する定期的な報告業務をアウトソーシングで対応するなど、プチBPO的な活用事例も少なくありません。

営業や社内業務をオンラインアシスタントにお任せいただけると、プロジェクト管理から納期などの期日に沿って、各方面への連絡、進行を見守り、しっかりと状況を把握してサポートや次の提案をいたします。結果的に本業に使える時間が増加し営業活動の時間が延びたり、新しい顧客の開拓や、新しい分野への業務拡大に繋がります。

経理や人事、RPAにおいてもsourceのオンラインサービスは幅広く活用されています。経理では請求書/見積書の発行、会計関連情報入力、領収書の整理等をサポートします。人事においては、応募メールの問い合わせ対応、応募者リストの作成、面接の日程調整、人材媒体管理、採用関連の架電など、 手間のかかるところに幅広いサポートを行います。RPAサポートでは、稼働状況のチェックやエラー対応、RPAが可能かどうかの振り分けなどを的確かつスピーディーに完了させます。

sourceは各企業が求める業務の不足部分をしっかりとヒアリングいたしますので、不足にフィットさせられるプチBPOを実現し、「痒いところに手が届く!」サービスをご提供しています。

sourceを使いこなす!

継続的なご利用はもちろんのこと、業種を問わず必要な時に必要なだけのサポートもお任せください。秘書やクリエイティブな業務、不動産会社の業務や雑用全般も行います。

英文や多言語にもしっかり対応し、請求書の作成やプレゼン資料のビジュアル調整、Web検索を使った調べ物も手早く行います。
クリエイティブサポートでは、イラストや画像のちょっとした修正、動画の切り貼りやテロップ入れ、Webサイトの簡単な修正などもお任せいただけます。

オンライン、オフラインでミーティングをしっかり行うことで企業様のご希望に添えるようにサービスを提供しています。従来のオンラインサービスに留まることなく、一歩先を行くオンラインアシスタントのsourceへ一度、お問い合わせください。

無料トライアルをお試しください。

初めてのご利用でも心配無用です

必要に応じてアウトソーシングすることは合理的なため、以前に比べ、最近はオンラインアシスタントやプチBPOを活用する企業は増加傾向にあり、柔軟な企業組織を実現する意味でも前向きな活用がなされています。しかし、初めての利用だと難しく感じたり抵抗感を覚えがちですが、sourceでは、質問を受付しています。また、無料トライアルで実際に試して確認が行えますから、納得して利用していただけます。初めてでもご利用しやすい体制を整えています。

sourceのオンラインアシスタント業務は、リモートで従事するので、リモートワーク時代に適しているといえます。また、プチBPOといえどもアウトソーシングも行っていますので、オフラインでの打ち合わせに同席も致します。各企業様ごとに担当者が振り分けられていますので、企業様の考えや会社の文化を知り、従業員の方と同じ気持ちで業務を行います。

sourceのオンラインアシスタントは業務の効率化に加えて、従業員の意識改革にも貢献しています。以前オンラインアシスタントをご利用経験のある方でも、痒いところに手が届くオンラインアシスタントのsourceを経験してみませんか。

始めるのは今!

sourceは専門分野に強いスタッフ揃いで、ノンコア業務全般をプチBPOでサポートします。何かと頼りになる心強いサービスをご提供しています。
社内の雑務と言っても具体的に分からないこともありますが、書類の整理や作成といった地味な業務は、量が増えると本業に支障をきたしてしまい、利益に繋がる業務のチャンスを損ねることになりがちです。sourceのオンラインサービスを活用することで、ノンコア業務の負担から解放されて本業に注力できるようになります。
コア業務以外ならほぼお任せいただけますので、足りていないところにピースがはまる感覚を体験してみてください。他にも、社内雇用時の福利厚生費が省けたり、環境設備費の出費や能力のばらつきの心配、閑散期に仕事がなく人材が遊んでしまうリスクを減らせます。退職再雇用の引き継ぎや病気による欠勤、そして突然の退職といった問題もなく軽減できます。

サービスの利用方法は簡単で、メールフォームや電話でご相談いただき、無料トライアルのスタートです。

オンラインアシスタントのブログ:新規事業にオンラインアシスタントが合う理由

新規事業にオンラインアシスタントが合う理由

新規事業にオンラインアシスタントが合う理由 640 427 source

最近では、オンラインアシスタントと契約する会社が増えつつあります。これは、業務の一部を外部の在宅スタッフに依頼するサービスのことです。依頼する業務内容は、総務・秘書・経理・営業など様々で、いずれもインターネットを介して依頼することになります。これから新規事業を立ち上げたい方や、事業拡大を目指したい方との相性が良いサービスとして注目を集めていますが、それには理由があります。オンラインアシスタントと契約するメリットとも言える部分 となります。依頼をご検討中の方に以下の点をお伝えしたいと思います。

新規事業との相性がいい理由

まず一つ目の理由として、オンラインアシスタントなら社員を雇う場合と比べて、様々な費用を削減できることが挙げられます。例えば新たに社員を雇うとなると、採用のために多くのコストを割かなければなりません。募集のための求人を出すだけでなく、資料の作成や説明会の開催、面接など多くの工程をこなす必要があり、時間と労力もかかります。新規事業立ち上げや業務拡大時は忙しく、少しの時間や費用も貴重です。そんな時、オンラインアシスタントであれば、このような採用コストがかかりませんし、導入もスムーズです。更には、繁忙期や一時的に人手が欲しい時など、特定の期間に絞って依頼することもできます。必要に合わせて人員の調整ができるため、人件費の削減につながります。

次に、オンラインアシスタントはスキルの幅が広く、安定したクオリティの労力を期待することができます。基本的に業務を請け負うのは、その道や分野に特化したスキルを持つスタッフです。英語のエキスパートが必要ならば、英語スキルを持つスタッフを依頼できますし、経理を依頼したいと思えば、経理の経験・知識が豊富なスタッフが請け負ってくれます。つまり、即戦力となる人材がすぐに導入できることと、欲しいスキルを持った人材に依頼できる点はかなり魅力的です。

また、企業によりますが、オンラインアシスタントは1社につき1名が担当する形でなく、チーム制で依頼を請け負うことが多くあります。チーム制の場合、万が一スタッフがライフスタイルの変化等で入れ替わったとしても、即座に別のスタッフを導入することが可能です。そのため、スタッフの病欠や退職に伴う作業の効率の低下や、業務の滞りを心配することがなくなり、常に安定した労力を得られることになります。 

オンラインアシスタントのブログ:新規事業にオンラインアシスタントが合う理由

無料トライアルをお試しください。

トーイングウーマンのオンラインアシスタント「source」の魅力

sourceのサービスは、オンラインだけにとどまりません。
トーイングウーマンのオンラインアシスタントのセールスポイントを具体的にご紹介します。例えば、ルーティン業務をsourceにご依頼いただいた場合、委託されるルーティン業務の内容については、利用企業様とオフラインでミーティングを行い業務内容をしっかりと把握することで、後々、発生してしまいがちな、利用企業様のスタッフへの質問や説明を求める回数を減らすことができます。また、その際に業務で特に気をつけてほしいことや行ってほしいことなどもお伝えいただくことが出来ます。また、sourceは、スタッフが担当する企業が決まっており、チームで業務を行うので引き継ぎもsourceのチーム内で行いますので、新規事業をスタートさせるときにも、即戦力となってサポートいたします。

sourceならでのサービスとして、管理進行業務までもお任せていただけます。管理業務と行っても業務内容は多彩に渡っていますが、プロジェクトをしっかりと進めていくうえでプロジェクト全体を統括する重要な業務です。経験あるsourceのスタッフは、プロジェクトの進行のために各方面に連絡をとったり、必要な書類が期日までに提出できるようにタイミングをみてスタッフへの声かけなどを行います。また、プロジェクトが納期に間に合うようにスピードのズレなど全体を把握してサポートやフォローを行いプロジェクトの進行を見守りますので、開業当初でも確実にプロジェクトを進めることができます。

トーイングウーマンのオンラインサービスのイメージは、「プチBPO」です。BPOは規模が大きなサービスになりますが、BPOよりはコンパクトで一般的なオンラインサービスよりBPOにより近いサービスをご提供していますから、プロジェクトの管理進行もご依頼に応じて行います。 イレギュラーな業務の報告・対応について事前に対応を決めておくなら、ビジネスチャンスとなる機会を逃さずお客様とのコンタクトでいます。よほどトリッキーな事が起こらない限りは、手間を取られる必要はありません。これがトーイングウーマンがご提案するオンラインアシスタントの形です。

現在、弊社「source」のサービスをご利用中のお客様に弊社をお選びいいただいた理由を伺いました。弊社サービスをご利用される前に他社のサービスを経験されたクライアント様もいらっしゃいました。過去にオンラインアシスタントの導入を経験された方は、「オンラインアシスタントをお願いしたけれど、案外手間が減らない」という感じておられましたが、「source」のサービスを利用して満足したいただいております。

sourceが経験から実感していることは、オンラインのみの対応だと、初動の業務把握と意思の疎通に時間がかかり、満足いただけるサービスに繋がらないということです。オンラインアシスタントとのやり取りは基本的に文字やzoomなどのオンラインビデオ会議システムになりますが、やはり人と人とのやり取りとなる為、最初に顔を見てコミュニケーションをとっていくことは、その先のサポートの質に繋がると感じています。そのため、トーイングウーマンでは、まずご導入時には必ず対面での打ち合わせを行っています。また状況によって、sourceのスタッフが利用企業のスタッフとして、オフラインでの会議にも参加し、業務内容や、お客様のサポートを行っています。ぜひ一度御社のご要望をお聞かせください。無料トライアルをお試しいただけます。

オンラインアシスタントのブログ:意外な効果ー社内スタッフの意識改革に オンラインアシスタント

意外な効果ー社内スタッフの意識改革に
オンラインアシスタント

意外な効果ー社内スタッフの意識改革に
オンラインアシスタント
640 427 source

日本でも話題のオンラインアシスタントは、業務の効率化だけでなく、上手に活用することで社内スタッフの意識改革にも一役買います。

オンラインアシスタントとは

実際に業務を依頼する上で、オンラインアシスタントの役割について知っておくなら、どんな業務を依頼できるのかイメージしやすく、やり取りがスムーズに行えます。

オンラインアシスタントは、会社のバックオフィス業務を代行で引き受けるサービスのことで、企業の負担軽減に役立つ仕組みとなっています。つまり、オンラインアシスタントへ業務を委託することになります。

外部に業務を委託するメリットとしては、人材の確保が難しい状況でも業務を任せられたり、人材が見つかるまでのつなぎにも活用できる点が挙げられます。
また人件費の節約を考慮しているときや、一時的に増えた業務の負担を軽減したい場合にも役立ちます。人材を直接雇用するとなると、人件費の発生と負担を免れることはできませんし、規模が大きくなり人数が増えればその分負担が大きくなります。特に、現在の社会情勢や経済が不安定な状況においては、先行きの不透明感から人員整理に踏み切るケースも少なくありません。しかし一度人員を減らしてしまうと、他のスタッフへの負担が増えてしまったり、再び人材を増やそうとしてもすぐに見つからないケースもあります。さらに、育児や介護といった一時的な離職が発生しやすい時代ですから、欠けた人員を補う方法については、常に念頭に置いて考えておく必要があるでしょう。

そんな時に頼りになるのがオンラインアシスタントです。依頼して実際に業務を初めてもらうまでに要する工数の少なさとコスト削減、人件費の調整は、企業にとってメリットが多く魅力的です。

オンラインアシスタントのサービスを提供している弊社のスタッフは、会社で経理や財務などの実際の現場で業務を行っていましたが、育児や介護といった一時的な理由で離職せざるをえなかった人たちもいます。彼らの経験や知識は即戦力となり弊社サービスをご利用くださるクライアント様へ、自信をもってご提供しています。

今回は、社内スタッフと優秀なオンラインアシスタントがともに働くことで得られる、さらにどんな効果が期待できるのか、お伝えしていきます。

無料トライアルをお試しください。

意識改革につながるサービス、つながらないサービス

あまり知られていないかもしれませんが、オンラインアシスタントを扱う企業にも様々な形態があります。選ぶ際には、会社のニーズに合っているのか、確認が大切です。

アシスタントとして業務を行うスタッフが担当するクライアント決まっておらず、毎回違う場合があります。スポット的にハイスピードの対応を重視するなら毎回スタッフが違っていても対応が早いので気にならないかもしれませんが、アシスタントに対するディレクション業務を社内で誰かが行う必要があります。定期業務を依頼するなら同じ依頼を繰り返すのは自社スタッフの手が取られ、業務の効率化、生産性向上にスムーズにつなげることが難しい場合もあります。

また、仮に定期業務を依頼してサービスを受けた場合、依頼した内容を的確に行ってくれるので、安価に単一のサービスが受けられるのは魅力的かもしれません。しかし、場合によっては柔軟な対応や気づきが求められる業務が多い中、もう一歩気づいて作業して欲しいと感じる依頼者もおられるかもしれません。

オンラインアシスタントは、オンラインでのサービスがメインとなり、オンラインのみのサービスしか提供していないこともあります。しかし、長くオンラインアシスタントを利用していると、オンラインアシスタントはそれまでの流れなどを把握しているので、サービス導入前の打ち合わせや、業務上の方向性や細かな点をオフラインでスタッフと話し合えるなら、スムーズに意思疎通を図り、業務を進められます。欲しい部分はどこか、欲しい種類の業務は何か、突き詰めていくことができます。トーイングウーマンでは、まずサービスご導入時には必ず対面での打ち合わせをさせていただいております。また状況によっては、スタッフがオフラインでの会議に参加いたします。

オンラインアシスタントのブログ:意外な効果ー社内スタッフの意識改革に オンラインアシスタント

意識改革のきっかけづくり

トーイングウーマンのオンラインアシスタントでは、各クライアント様ごとに担当者のチームで対応していますから、毎回の業務時にアシスタントへの説明をする時間と手間がかかりません。当社にてしっかりと引き継ぎを行っていますので、継続するほどに業務への理解、作業効率の向上や業務範囲の拡張も期待できます。

また、オンラインアシスタントの姿勢に応え、指示をくださるスタッフの方が、より効率的に業務を依頼できるよう意識を新たにされるケースもあります。

オンラインのコミュニケーションになることで業務を整理し、標準化する機会ができるといったメリットもあるようです。サービス導入に伴い、コア業務とノンコア業務を分け、また複雑に絡み合った業務内容を他者が見ても分かるよう普遍的に整理するよい機会になるようです。自社スタッフの中で段取りなど業務への意識改革につながり、社内のコア業務の整頓、効率化など意外な面でお役に立てるかもしれません。

トーイングウーマンのオンラインサービスのイメージは、「プチBPO」です。BPOは大きなサービスになりますが、オンラインアシスタントはコンパクトなサービスですから業務の管理進行もご依頼に応じて行います。プロジェクト管理を行い、納期などのご要望に沿って、各方面に連絡、進行を見守ることも致します。担当者がしっかりと状況を把握してサポートや次の提案を行い、各社スタッフの方と力を合わせ、生産性の向上を目指しております。

多岐にわたるサービス

オンラインアシスタントの業務は幅広く、様々な業務が対象になります。

経理関連業務:見積書の発行や請求書の発行、会計情報の入力サポートなどを行います。

人事関連業務:応募メールの問い合わせ対応、面談の調整や人材媒体管理など、人事採用に関する様々なサポートをします。

秘書関連業務:アポイント調整や出張手配など細かい事務タスクを行います。

営業・社内サポート業務:提案書の体裁整備やデータ入力、紙資料のデータ化など多岐にわたります。

グローバルに展開している企業が増える中、翻訳やバイリンガル業務も人気があります。
メールやビジネス文書、社内文書の翻訳や海外サイトのリサーチなども行います。
最近は英語だけでなく中国語や韓国語など、英語以外の翻訳やバイリンガル業務に対応している会社も増えています。

サイトの素材の制作など、WEBサイト運用に関する業務をサポートできる会社もあります。

御社では、どの分野に新しい風が必要でしょうか。まずは無料トライアルをご利用いただき、ご要望をお伝えください。

オンラインアシスタントのブログ:専門分野にも強いオンラインアシスタント

専門分野にも強いオンラインアシスタント

専門分野にも強いオンラインアシスタント 640 427 source

オンラインアシスタントは、様々な業務をインターネットを利用して代行するサービスです。個人事業主や中小零細企業のように担当社員を雇うことが難しい場合にも、必要なときだけ利用できることが大きなメリットです。

そんなオンラインアシスタントですが、可能な業務はデータ入力や資料の作成といった日常的な業務だけではありません。顧客の対応を行う営業マンを支えるためのバックオフィス業務、たとえば経理・人事・秘書といった専門分野の仕事に対応できる人材が揃っています。

経理の仕事であれば、ただ会計ソフトが使える程度のスキルではなく、簿記などの資格を保有している人に仕事を頼むことが可能です。そんなベテランの専門スタッフを自社で育てるとなれば、何年もかかりますし資格を取得するためのサポートも充実していなければなりません。すでに能力のあるスタッフを中途採用する場合も、好待遇でなければ優秀な人材を集めにくいことが予想されます。その点、トーイングウーマンでは、すでに実務経験を積み資格を持つスタッフが揃っており、自社でスタッフを雇うことなく業務を依頼していただくことができます。自社で育てたり雇ったりする際に比べ、大幅にコストパフォーマンスが良くなります。

専門分野の仕事を依頼するなら企業の選定は慎重に

しかしながら、専門分野の仕事を依頼する際には、企業の選定に慎重さが求められます。オンラインアシスタントを扱う企業にも様々な個性があります。例えば、経理・人事・秘書といった業務を得意とする企業もあれば、動画やデザインの作成などの分野を得意とする企業もあります。また、同じ業務でも専門分野の質に違いがあります。例として翻訳・通訳を行う企業の場合、英語のみ対応している企業と、中国語やフランス語など多言語に対応している企業がある等の違いです。依頼したい業務内容に応じて適切な会社を選ばなければ、期待通りの業務をしてもらえません。

また、専門業務であるほど業務についての打ち合わせは重要です。しかし、オンラインアシスタントを扱う企業の中には、オンライン対応しかしない企業も多くあります。トーイングウーマンでは、まずご導入時には必ず対面での打ち合わせをさせていただいております。また状況によっては、スタッフがオフラインでの会議にも参加いたします。

当社では、各クライアント様ごとに担当者を配置しておりますので、毎回の業務時にアシスタントに説明する時間と手間がかかりません。そこに手間がかかってしまうなら、オンラインアシスタントを活用するメリットが半減していまいます。当社では、社内にてしっかりと引き継ぎを行っております。イレギュラーにも柔軟に対応しております。業務の増減や変更などをお申し付けください。きめ細かく対応させていただきます。

また、トーイングウーマンのオンラインサービスのイメージは、「プチBPO」です。BPOは大きなサービスになりますが、コンパクトなサービスですから業務の管理進行もご依頼に応じて行います。プロジェクト管理を行い、納期などのご要望に沿って、各方面に連絡、進行を見守ることも任せていただけます。担当者がしっかりと状況を把握してサポートや次の提案をいたします。

オンラインアシスタントのブログ:専門分野にも強いオンラインアシスタント

無料トライアルをお試しください。

クラウドソーシングとの比較

外部に専門分野の業務を依頼する点では、クラウドソーシングという方法もあります。クラウドソーシングは、知識・技術・経験をもった個人と業務委託契約を結ぶ方法であり、同じように自社で人材を育てなくても業務を依頼できます。ただし業務の質は、クラウドワーカー一人一人によって大きな幅があります。

クラウドワーカーの登録者の中には、パソコンスキルなどハードルが低い方や実践の経験が浅い方も混じっています。もし、求めるレベルではないクラウドワーカーに業務を依頼してしまうと、その仕上がりは期待したものではなくなります。再依頼や、やり直しなどの手間と時間がかかります。数多くのクラウドワーカーの中から、求めるレベルをこなせるクラウドワーカーを探すことが必要になります。そしてクラウドソーシングは個人の契約のため、たとえ依頼したクラウドワーカーが仕事ができない場合でも、クラウドサービスを提供している会社によるフォローなどはありません。依頼した企業としては、支払った報酬は無駄になってしまいます。

一方、オンラインアシスタントのトーイングウーマンでは、採用試験で知識・技術・経験を確認しています。もし、クライアントの要求に応えられない素人ならば、スタッフになることはできません。

求めるスキル、専門性を持ったスタッフがいるオンラインアシスタント企業に依頼するのが安心です。

最終判断にはお試し

最終的にオンラインアシスタントを依頼する企業の選定をする際には、お試し期間の利用をお勧めいたします。無料で利用できる企業もあれば、格安料金で利用できる企業もあります。トーイングウーマンでは、無料トライアルで3時間実際に業務をさせていただき、仕事ぶりを確認していただくことができます。業務を実際にお試しいただくことで、専門分野の業務の質を正確にご判断いただけます。