女性の働き方

”働き方改革”のゴールは、どこなのでしょう?

働き方を柔軟にした組織を作るという目標の下、全員がテレワークできる環境を作るために、日々、社会活動をしています。

そんな中、子育てをする女性である自分が、政府主導の働き方改革にモヤっとする部分がある事は前々から広言をしているのですが、今日は、具体的にお話をしたいと思います。

 

■「あれ?そこって、望んてる事だったっけ?」

・女性管理職を増やす。
・認可保育園を増やす。
・育休を延長する。   などなどなど

働く環境が整うとはこういう事!という具体的な戦術をあげると、この様な内容がずらっと出揃います。

整うのはありがたいのです、もちろん。一方、これらが整えば理想の働き方になるか、というと「あれ?そこって、望んてる事だったっけ?」という結論に達するのです。

 

■私の場合の、理想の働き方

約1年前、想いを現実にさせたく、子供0歳にして起業をしました。

現状は、皆さんと同じように、1歳の男の子の育児がありながらの仕事です。

新規クライアント営業やら、会社の事務作業やら、クライアント対応やらで、時に苦しく、時に頭を抱え、時に泣きたくなり(実際に泣きますよw)、時に大きな喜びを得て仕事をしています。

 

代表者という事もあり、プレッシャーと未来の不安を抱えていますが、時間的に融通が利く事も事実で、ワンオペ育児をしながら何とかできています。

私の理想は、時間の融通がきく仕事環境だったわけです。

政府の描く「理想」とは、ちょっと違う気がします。

 

■政府の描く「理想」

それでは、政府の描く「理想」。それは、きっとこんな事なのでしょう。

・女性はみんな管理職になって出世したい。
・8〜17時とかで週5で子供を預けて会社で働きたい。

という感じでしょうか?これを目指して実現できれば、幸せになれるのでしょうか?

 

■社会に自分を合わせる。

自分の幸せは、追求すればキリがないけれど、やはり、男性社会が考える女性の働き方理想はちょっとちがう。でも、社会がそうなっているから、自分を合わせていかなければならない。今は、そんな状況なのだと思います。

 

恐らく、もうひと世代変わらないと、状況は大きな変化をしないかもしれません。

そんな“諦め感”を引きずって生きていく人が、少しでも少なくなるよう、皆さんが抱える問題の解決の一つになれるよう、トーイングウーマンの活動が貢献できるように張り切って頑張ってきます!

 

 

-女性の働き方