トーイングウーマンのお仕事

企画書のブラッシュアップや体裁整備

オンラインアシスタントは、サービスの性格上、中間作業がとても得意です。

そうはわかっていても、実際にどのようなアプトプットが出来上がってくるのか、
誰が作業してくれるのか。この2つの不安がぬぐえませんよね。

今回は、弊社のご提案書を例に、ご説明いたします。
社外秘の資料ですが、、、、、1ページだけチラリとお見せいたします。

提案書を作る際には、ひとまず手書きで書きだして、パワーポイントへ落としていく。
という段取りで進めていらっしゃると思います。

という事で、まずは手書きメモをご覧ください。

%e6%89%8b%e6%9b%b8%e3%81%8d%e3%83%a1%e3%83%a2

裏紙に走り書きです。
読めるかどうかも怪しい状態で失礼いたします、、、、

この状態から、視覚で訴えかけられるような体裁でパワーポイントへ落とし込みます。

 

%e4%bd%bf%e7%94%a8%e5%be%8c

この提案書は、PR会社3年と大手広告代理店を10年経験した
スタッフが作ったものです。
煩雑で焦っている状態を、ワンストップでさっと解決。
という内容が、第一印象でも伝わるようにしています。

「てにをは」を整える、行間や文字の大きさを整える。という事ではなく、
伝わる企画書を作るという意識の元、作業をします。

企画書をドラマチックに仕上げると、プレゼンの流れも変わりますね。

-------------------------------------
トーイングウーマンのWebサイトはこちら
https://towing-women.com/

-トーイングウーマンのお仕事
-