オンラインアシスタントの使い方

オンラインアシスタントの使い方

2016/06/29

94f5faacba48629061ad3fbb937c99e6_s

仕事には、

「自ら手を動かさなければならない事」

と、

「そうでない作業」

の2つに分けることができます。

今日は、「そうでない作業」についてご紹介いたします。

 

会社が持っているホームページやブログ、フェイスブックなどのSNSは、更新するだけが作業ではないですよね。

 

ライターさんを抱えている場合は、このような進行になると思います。

1、記事の題目の検討

2、記事発注

3、複数回にわたる質問対応

4、校正

5、社内承認

6、修正依頼

7、再度社内承認

8、やっと記事が完成

9、複数のSNSへの公開。

 

ライターさんを複数抱えている場合は、2~6の作業がライターさんの人数分となります。

 

一連の作業で、社内の担当者が必ず対応しなければならないのは社内承認のみ

 

このような、いわゆる中間作業はオンラインアシスタントの本領発揮ポイント。この様な作業はササッと、任せて本来の業務に邁進し、利益につなげたいところですね。

 

トーイングウーマンのオンラインアシスタントは、何を要求されているのか感じながら仕事をします。

ふわっとしたご依頼の連絡でも、意図をくみ取って作業するため、仕事がどんどん進んでいきます。

-オンラインアシスタントの使い方
-